2011年07月31日

なぜギアーズ3にぶつけるの?純国産の高評価ゲームなのに・・・【シャドウ オブ ザ ダムド】

グラスホッパー・マニファクチュアが制作したアクション・アドベンチャー、『シャドウ オブ ザ ダムド』。
日本ではギアーズオブウォー3と同じ日の2011年9月22日発売です。

「シャドウ オブ ザ ダムド」公式サイト


これだけ読むと、
「まぁギアーズ3と同じ日だったらやっぱギアーズ買うよな」
という結論を出してしまう方も多いと思いますが、そこは十分に「ちょっと待った〜〜!」というお約束コールが入ってしまうところなんです。
既に先行して欧米では2011年6月に発売されていますが、実はこのゲーム、ファンからのかなり高い評価を受けているのです。

●独特のセンスが高評価の本作
シャドウ オブ ザ ダムド_恐怖面.jpg

GOOD

その最高に評価されている部分が個性です。
例えばその画像から判断してサバイバル・ホラーだと思ってこのゲームを遊ぼうとすると、武器の中には「デカいチ○ポ」という名のスナイパー・ライフルが登場したりして、"予想外"のセンスが盛りだくさんなのです。
このような幼稚で下ネタ満載でありながら、それていてグロテスクなほど暴力的だったりします。
でもただ単に稚拙な下ネタ満載な暴力的なゲームとは確実に違う一線があって、そこには意地の悪さがなく、気分が悪くなることがありません。
ゲームの題材が地獄や天罰なのでこういう題材では尖ったきつめの感じのゲームが想像つくと思いますが、この手のゲームにしては、驚くほど雰囲気が明るく、その堅苦しい題材とのそのあまりのギャップに笑えてしまうほどです。

●血の池地獄もあります
シャドウ オブ ザ ダムド_血の池地獄.jpg

このようにホラー、ユーモア、ゴア、そして予測がまず出来ない体験と確実にプレーヤーの爆笑と絶叫を誘う際どさを巧みに混ぜ合わせているので、次に何が起こるか知りたい先を見たい先を遊びたい気持ちにさせます。

●ようこそ地獄の入り口へ!
シャドウ オブ ザ ダムド_ようこそ地獄へ.jpg

そして三上氏のセンスとUnreal Engine 3を使用したグラフィックの評価も高いです。
ゲームとしてさらにソリッドな仕上がりとなっています。
サウンドディレクターの山岡 晃氏のサウンドも全体的に高評価でした。

●グラフィック面の評価も文句なし
シャドウ オブ ザ ダムド_トドメ.jpg

BAD

もっとも問題にあがっていたのが、「アップグレードした武器を最初から使用するオプションが存在しない」いうことです。
せっかく手に入れた武器を試したいのにニューゲームではまた1からやり直しなのです。
おそらくゲームバランス面を考えてのことだとは思いますが、もう1周プレーする気持ちが起きなくなるとのことでした。

●せっかく手に入れた強い武器なしで、もう1周は最初からはきついかもね。
シャドウ オブ ザ ダムド_銃.jpg

そのゲームバランスも不満が多く、難易度は全体的に低めなものの、急に一発死のボスが登場して難易度が急上昇したと思ったら、それを越えるとまた再び簡単に戻ります。
特に最後の武器アップグレードのせいで、ゲームの終盤は楽勝になってしまうそうです。
うーん確かにそんな強力な武器が最初から使えたら問題だとは思いますけど、そのためにアップグレードした武器を最初から使用するオプション」をつけないのではなく、その武器のバランスそのものをもっと調整するべきだったのではないかと思います。

●光の銃で敵を撃て
シャドウ オブ ザ ダムド_光の銃.jpg

総評

このゲームは製作者が須田剛一氏(グラスホッパー・マニファクチュア),クリエイティブプロデューサー三上真司氏,サウンドディレクター山岡 晃氏(グラスホッパー・マニファクチュア)と豪華なだけでなく、国内声優キャストも負けずに豪華でガルシア役が浅野忠信さんとポーラ役が栗山千明さんと俳優さんを起用しています。

●美人のポーラ。といってもこれは敵が化けた偽のポーラだそうですが。
シャドウ オブ ザ ダムド_ポーラ.jpg

これほどまでに力の入れた作品を
「なぜに9月22日に発売するの?」
とグラスホッパーの方々に問いかけたいです。

360では『ギアーズ オブ ウォー 3』 という超大作ソフトがほぼ世界同時で発売されるというだけでなく、PS3でも『ワンダと巨像』・・・。
ううっ・・やっぱPS3での売上げ狙いか・・・。

それにしても勿体無いなぁという感じです。
正直言って『ギアーズ オブ ウォー 3』と同日というのは厳しすぎます。
360でも売れる要素はかなりあるのにです。
もし欧米と同時発売の6月に発売されていたら全然売れ行き違っていたと思うんですけどね。

グラスホッパーの皆様、例え360であまり売れなくても360を恨まないで下さい。
やはりこの手のゲームでは『ギアーズ オブ ウォー 3』から始まる『バトルフィールド3』など超大作ラッシュで他のソフトに手を出す余裕があまりないのも事実なのです。

それにしてもこの8月にでる純粋な新作は今のところ「DiRT 3」の一本のみ。
このバランスの悪さ、なんとかならなかったんですかねぇ。

↓それでも買いの一本です
シャドウ オブ ザ ダムド【CEROレーティング「Z」】特典 ポーラのグラビア付雑誌「PLAYBOX」&サウンドトラックDLコード 付き / エレクトロニック・アーツ

☆360海外版プレイ動画です。
posted by アイオリア at 21:00| Comment(2) | シャドウ オブ ザ ダムド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

このゲームはライブアーケードでも出すことがシュタインズゲートの選択なのだよ【STEINS;GATE 8bit】

皆さん、MAGES.というゲームソフトメーカーをご存じでしょうか。
わからない方は下記リンク先をご覧下さい。

MAGES.公式ウェブサイト

以上。というわけにはいきませんのでどういう会社かと簡単にまとめますと、あの志倉千代丸社長らの設立した株式会社5pb.が、株式会社AG-ONEとの対等合併により発足(でも法手続き上は5pb.が解散)した企業です。
代表取締役は2名で社長に5pb.社長の志倉千代丸氏、副社長がAG-ONE社長の中西孝氏となっています。
最初は5pb.が解散ということで驚きましたが、ゲームブランド名は今後も基本的に「5pb.Games」で続くとのことです。

ですが今回MAGES.ブランドとして初のソフトが発売されることが決まりました。
それはその名も『STEINS;GATE 8bit』。

●実にシンプルなタイトル
シュタインズ・ゲート 8bit_タイトル.jpg

PC版のみの発売で発売日は2011年10月28日で,価格は5040円(税込)。

またも違う世界線の話ということで、簡単にストーリーの個人的な注釈も加えてあらすじをまとめます。

世界線1,048596―――岡部倫太郎があの夏のひたすら目指した、苦労の果てに到達したシュタインズ・ゲート世界線だ。
そうそれはあの惨劇の事件や、第三次世界大戦も起こらない未知の世界線。
誰もみたことのない、みんなが見ることのできる明日が訪れる世界。

●その世界線にいくためにコイツが活躍しました。
シュタインズ・ゲート 8bit_タイムマシン.jpg

だかある時、岡部は突然の目眩のような感覚に襲われた。
この感覚は以前にも感じたことがある―――そう、世界線が移動したのだ。
そのタイミングを見計らったかのように携帯電話にメールが届いた。
岡部は嫌な予感がしたが、メールを開いてみると、それは2025年の未来の岡部からDメールだった。

●これはどういう状況なのだろうか。
シュタインズ・ゲート 8bit_車内.jpg

どうやら、世界戦が0.000132%ズレているようだ。
その原因はあの幻のレトロPC「IBN5100」がある者(?)の手に渡ったことで世界中の基幹産業の全てを“萌え産業”へとすり替えてしまい、その影響で15年後の2025年で世界恐慌が発生、あらゆる国家や宗教が“萌え”の前に敗北し崩壊していくことになる。
これはもはや、ディストピアや第三次世界大戦など比ではない悲劇。―――まさに“カオス”。

未来の岡部からの以来はそのIBN5100を奪還せよとのことだ。
岡部は、いや岡部たちラボメンのメンバーはIBN5100を奪還し、シュタインズ・ゲート世界線に戻ることが出来るのであろうか。

といった話ですが、うーんなかなかおもしろそうな話ですなぁ。
とくにこの話からすると、ひょっとしたら敵にまわるのはあの狂気のマッドサイエンティストともためをはれる唯一(?)の存在の猫耳娘かも知れません。
ある意味、SERNよりも手強い敵かも知れません。

見た目は8bitですが、ストーリーはシュタインズゲートだけにしっかりしてそうです。
これは是非ライブアーケードに移植してほしいですね。
今の大容量ライブアーケードなら十分カバーできるでしょう。
2000MSPぐらいでも確実に売れますw

でも見た目だけが8bitなら問題はないのですが、今回移植でのネックとなりそうなのが、フォーントリガー形式ではなく、コマンド入力式であるということです。
80年代のアドベンチャーゲームを遊んだことがない人にはわかりずらいかもしれませんが、コマンド入力式とはたとえば、話しかけるときは「talk」や扉を開けて外にでるときは「open」「door」、といったコマンドを入力しなければならないのです。

●look canと入力している・・・うーん見た目は難しそうだw
シュタインズ・ゲート 8bit_ドクターペッパー.jpg

今ではコマンド選択式がほとんどなのですが、PC8801やFM-7などのレトロゲーム時代のアドベンチャーゲームのほとんどは行動するの際、単語を自分で入力していく方式だったのです。
でもこれの方式ってかなりゲームの難易度を上げるだけでなく、間違ったコマンドを入力しても反応らしい反応はないのでかなりイライラさせられます。
でも"自分で考える"という部分ではこの方式の方が上回っていると思います。

もしライブアーケードに移植するにしても、この部分が多少のネックにはなるかもしれません。
コマンド選択式にしてしまうことが簡単と言えば簡単ですが、それだとこのゲームの"味"というものを薄めてしまうかもしれません。

そこでどうで提案なのですが、キネクトの機能である「ボイスコマンド」(音声認識)機能を使うというのは。

この機能は既にセガから発売されるXbox 360用ドラマティックアクション「Binary Domain(バイナリー ドメイン)」において実装されることが明らかになっています。

キーボードの面倒くささもなく、快適に自分の音声のみを使ってプレイできるのです。

なんか古いタイプのゲームを意識しながら、中身は最新の機能を使うなんていいですねぇ。

まさに見た目は子供、頭脳は大人という感じですねぇ(どんな感じだ?)

その見た目ですが、かなり念の入った8ビットぶりようです。
普通のアドベンチャーゲームは一瞬で画面を切り替えていますが、8ビットでは画面が切り替わる度に一線一線ラインを引いて、そこにデジタル8色のタイルパターンで描写されていました。
本作でもその「ライン&ペイント」を忠実に再現しています。
での最近のアドベンチャーゲームしか知らない方には少しストレスに感じるかもしれませんねぇw。でもそれがいいという人もけっこう多いんですよ(たぶん)。
でもその方法をとりつつも高速描写機能も選択できるのでストレスなくプレイが出来るようにもなっていますけどね。

●メインヒロインの牧瀬紅莉栖も8ビットではこうなります。でも全然違和感ない。
シュタインズ・ゲート 8bit_牧瀬クリス.jpg

●そしてオカリンの人質である椎名まゆりもこうなります。
シュタインズ・ゲート 8bit_椎名まゆり.jpg

●せっかくなんで2人まとめて、本編のシュタインズゲートと比較しちゃいましょう。
huke氏が描くキャラの独特の雰囲気も、よく再現されていると思います。
シュタインズ・ゲート _紅莉栖&まゆり.jpg

まぁよくあるラーメン屋で昔ながらの中華そばと宣伝しながらも、味はしっかりとして豊富な食材を使った現代風な醤油ラーメンみたいなものです(ってたとえがわかりヅらすぎるか?w)。
まぁ昔を意識しつつも、遊びづらくしている要素は取り除いてあるようですね。

そして音楽ももちろん当時を再現。
なんと設定はFM音源に習熟していない段階なのだそうです。
チープにアレンジしました。
またFM音源もストリーミング再生ではなく、エミュレーションつまり旧ハードそのままを想定し、その再現によって効果音を鳴らしているため、音源数が足りなくなと1部の音がならなくなる「パート抜け」も発生します。
そこまでこだわらんでも(^_^;)と思わないわけでもないですが、これはこれでレトロアドベンチャーゲームを愛する?人には嬉しい要素なのかもしれません。

このように制作者のシュタインズゲートと8ビットへの情熱が感じられるこのゲーム。
8ビット世代が多いPCユーザーももちろんですが、その次ぐらいまぁ少なくとも次世代ハードでは群を抜いて多い(はず)の360には移植してほしいですね。
もちろんシュタインズゲートとの関係がもっとも深いということは当然ですが。

●制作者のこだわりが感じられるなぁ
シュタインズ・ゲート 8bit_天王寺 綯.jpg

まぁライブアーケードで出してくれれば(さすがにパッケージは少しきついかも)文句ないです。
2000MSPでも売れるのはもちろんのこと1200MSPであればライブアーケードを代表するような売上げになるソフトになるでしょう(独断w)。

入力方式がどんな形になるにせよ、こういう8ビットなゲームを遊んでみたいファン、そしてシュタインズゲートのファンは多いはずです。
ぜひとも360への移植を実現し欲しいですね

☆8ビットなHacking to the Gateの動画です。さすがにこのゲームでこの音楽がつかわれることはないと思いますが、実際のゲームでも音楽はこんな感じになるのかな。

posted by アイオリア at 20:00| Comment(10) | シュタインズ・ゲート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

のーふぇいと! 〜only the power of will〜 レビュー

アルケミストさんから発売されたこの『のーふぇいと!〜only the power of will〜』ですが、積みゲーとしてあったのを今になって遊んだら、意外と言ったら失礼なんてすけどかなり面白かったのでレビューしたいと思います。
「ああ、またギャルゲーか」と思ったあなた。
たしかにギャルゲーはギャルゲーなんですけど、その上プレイ形式はありきたりな2択程度の選択肢のアドベンチャーゲームなんですけれど、その強烈な個性は他の恋愛アドベンチャーではあまりみられないものがてんこ盛りなのです。

「のーふぇいと!〜only the power of will〜」公式サイト

【オリジナリティ 5】
恋愛アドベンチャーという立ち位置でみればオーソドックスな選択肢形式のアドベンチャーゲームです。
ですがその内容のすごいこと。
例えば主人公が宇宙人。まぁこの程度は序の口です。
そして登場するのがメンインブラックに宇宙刑事。

●宇宙刑事というか執行官登場!
のーふぇいと!_宇宙刑事.jpg

●MIBことメンインブラックまで登場!
のーふぇいと!_メンインブラック.jpg

そして宇宙を統一した最強の宇宙艦隊。
その宇宙艦隊をもけちらす魔法使い。
おまけに暴走族が御用達のラーメン店。
これだけ書くと、プレイしていない方は「いったいどんなストーリーなんだ」と興味をもたれるでしょう。
まぁネタバレはできませんが、少なくとも今まであったような恋愛ストーリーではないことは確かですね。
またキャラの個性も光っています。
当然ながら主役であるヒロインの個性があることはそうですが、このゲームで特に印象強いのが脇役のキャラ達です。
金持ちで容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能でありながらオカルトマニアな「委員長」そして
主人公である貴也の友人で実家が『バリバリ軒』というラーメン屋を経営しており、出前などを手伝っている「中島斗雷」は主人公のいい友人といった感じでいろんな部分でいいサポートをしてくれています。

●バリバリ軒と3代目(予定)の斗雷。いっぽ間違えば名前は「漢磨」だったとか。ちまみに読み方は「メンマ」・・・。
のーふぇいと!_斗雷.jpg

ですが特にいいのは「三条幸恵」こと三条さんなのです。独特のハイテンションな突っ込みで場を盛り上げるタイプです。
いろいろからんでくる割には嫌われないタイプでみんなから好かれています。
個性もあって何かと全体的なストーリーにからんでくるのにヒロイン扱いではないのは実に惜しいです。

●ヒロイン扱いでもおかしくないし、次回作あるならぜひ三条さんをヒロイン扱いにして下さい。(右が三条さんです)
のーふぇいと!_三条さん.jpg

そしてなにかとからんできて女好きでスケベな性格をしていてクラスの女子からは嫌われているのが、「志村政志」こと志村です。でも志村の発言はどれも笑えるものばかりでした。あと憎めないところもけっこうあったりして存在感のあるキャラでした。
他にも内気な仁木さん、大柄ながら優しい性格の市原くん、腐女子な睦月さんなどこの3人はCGすらないのに個性が伝わってきました。

【グラフィック 4】
Hal氏のキャラは誰が見ても変な抵抗を受けないと思いますし、ヒロインはみんなかわいくいいと思います。背景もしっかりかかれているしいいと思います。

●ちびキャラがかなりかわいい。これは鍋奉行の盾子さん。
のーふぇいと!_鍋奉行.jpg

【サウンド 4】
ゲーム中で流れる音楽もゲームを邪魔しないいいサウンドがほとんどです。
でもこのゲームのメインは挿入歌でしょう。
個人的にはオープニングはもの足りませんでしたが、その他の挿入歌はなかなかいい感じでした。特にヘヴィメタルの挿入歌は新鮮かもw

BAD

【熱中度 3】
前半部分の学園祭に向けて仲間とのあれこれを乗り越えて、学園祭でのトップをめざすという部分はヒロインとの恋愛部分も含めてなかなかいい感じだったと思います。
ですが、それが終わったあとの急展開はいくらなんでも「急」すぎると思います。
各ヒロイン毎のストーリー展開も強引な部分が目立つので、本来はもっと長くてもいい部分も無理に圧縮されたようなストーリに感じました。
キャラの魅力が補っているとはいえ、ヒロイン毎に分岐した後のストーリーは少し残念な感じがしました。

●学園祭が終わってからの盛り上がりに少し欠けたかな。
のーふぇいと!_学園祭.jpg

【バランス 2】
初回のプレイで、メインヒロインである「メイベル」のエンディングをみるぞと意気込んであっさり見ることができてしまいました。今までの恋愛アドベンチャーではまずメインというか真のエンディングが初回に見られたことはありませんでしたので、逆におどろきでした。
でもこのエンディングがみれたことで、ほとんどがネタバレとなり他の3人のエンディングでは先が読めてしまいました。
あとから見れば希咲→盾子→理瀬→メイベルの順でクリアするのがいいということはわかりますが、せめてその順でクリアするのが難しくなっていればよかったと思います。

●あっさりといけたメイベルのエンディング。途中ではこんなこともありました。
のーふぇいと!_メイベル.jpg

【ボリューム 2】
各ヒロインともにもう少しストーリーに厚みがあってもよかったと思います。
薄っぺらいということではないですが、もっとこの個性的なヒロイン達の話を見たかったのに急に山場がきてあっさり終わったという感じです。
それに欲を言うなら三条さんの個別ストーリーも欲しかったです。

総評

大胆なストーリーの割にはテキストもしっかりしていて、わからない用語解説の「のーふぇいと!語録」も単なる解説ではなく感想もあったりして、全体的に丁寧な作りのゲームだと言えます。
ストーリーもいままでの恋愛ゲームの枠にはおさまらない個性的な部分も多く、興味を引きます。せっかくおもしろい要素がふんだんにあるストーリーをヒロイン毎に半ばで強引まとめてしまった感があるのは残念です。
また、個性ある脇役たちにももっと活躍の場を与えてほしかったなぁと思います。
まとめると、やはりストーリーのボリューム不足が残念かなぁと思います。
実績もシンプルで簡単ですし、遊ぶ時間もそれほど長くはないでしょう。
でもこの手のジャンルが嫌いでなければ、それでも十分満足できると思うのでオススメしたいですね。

のーふぇいと! ~only the power of will~(通常版) / アルケミスト

このゲームの挿入歌で忘れてはいけないのが、というか忘れられないのが「バリバリ軒のうた」です。
そもそも単なるBGMだったのが、その曲の良さから挿入歌となり、果てはPVまで作られてしまうといういわくつき?の歌です。
聴いたらたぶんラーメン食べたくなります。
でもこの店に行くと栄養や健康やイチイチそういう細かいこと気にしてるようなヤツはうちの店には来るなといわれます。
それにしても恋愛アドベンチャーでヘヴィメタルというだけでなく、記憶に残るサウンドですね。


☆特典CDのPVです。ダイジェストですけどね。
posted by アイオリア at 00:00| Comment(0) | のーふぇいと! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。