2011年08月31日

日本配信決定!4人coop可能なDiablo風アクションRPG登場【Crimson Alliance】

日本マイクロソフトよりXbox 360のダウンロード専用ソフト『Crimson Alliance(クリムゾン アライアンス)』がXbox LIVE アーケードで9月7日に発売することが決まりました。

『Crimson Alliance(クリムゾン アライアンス)』公式サイト

価格は1,200マイクロソフトポイント。
これは海外版と同時配信ですので、日本語吹替や翻訳はないようです。
ですが、この手のゲームが海外と同時に配信されるというのは360では記憶にないので、まずは喜ぶべきでしょう(100万本を売ったというトーチライトが出なかったことは未だに悔しいですがw)。

●4人協力プレイのアクションRPGがでるだけでもうれしいかも
クリムゾンアライアンス_地下迷宮.jpg

このゲームさすがに海外でもでていないということで情報は海外のサイトでも少ないです。
ですが、せっかくなので少しずつですが集めてみました。間違ってららごめんなさい。

内容は剣と魔法の支配するクリムゾン帝国を舞台に繰り広げられるアクションRPG。
まぁおそらくストーリーはあってないようなものでしょう。
この手のゲームでは変にストーリーに凝ると邪魔になるとケースが多いのでいいと思います。プレイできるキャラは強力なウィザード「ダイアーウルフ」、百戦錬磨のファイター「ノックス」、謎めいたアサシン「ムーンシェイド」。
この3 人の中から主人公を選ぶことができます。

●仲間とともにクリムゾン帝国の旅へ
クリムゾンアライアンス_地形.jpg


ウィザードの攻撃魔法は炎、氷、電撃など一般的なものが揃っています。
また近くの人を癒すことができるヒールが使用できますが、それでダウンした味方を復活させることができるのも大きいです。

●強力なウィザードの電撃
クリムゾンアライアンス_サンダー.jpg

ファイターはその剣と盾を駆使して、前衛を担います。
アサシンの能力と動きは今のところ秘密にされているとのことです。
でもプレイした方も序盤しかプレイできなかったとの事ですが、これらの3種のキャラがお互いの弱点を補完し、連携して攻撃するようなシーンはほとんど見られなかったそうです。
ここのところは気になる部分ではありますね。

プレイしてわかるのが、敵の位置が他のこの手のゲームよりも巧みになっているそうです。
具体的には危険な敵が、プレイヤーの背後にある角やから攻撃してきたり、先の見えない角の周りに配置されています。
この敵の巧妙なポジショニングで、プレイヤーは先だけでなく背後にも警戒して進む必要があるのです。

●予想外な場所からの敵の奇襲!
クリムゾンアライアンス_敵の奇襲.jpg

敵はかなり戦術的な戦い方をしてくるので、プレイヤーもある程度の連携と戦術が必要になってくる場面があります。

●ここは敵の訓練場?
クリムゾンアライアンス_敵の訓練場.jpg

たとえばウィザードが氷も魔法で背後から迫ってくる敵を凍結し、前の敵を片付けた後に後ろの敵を倒すなどです。
どんなプレイヤーでも背後や側面は弱いものです。
敵もそれは熟知していてそれを突いてこようとするので、そこの部分で連携し乗り越えられるかがこのゲームのおもしろさなのかも知れませんね。

●敵の集団攻撃をしのげ
クリムゾンアライアンス_集団攻撃.jpg

またトラップを仕掛けることもできます。敵の接近を防ぐためにモンスターの餌を置いて、その側にタレットを設置しておくなどです。

尚、プレイスタイルも非常にわかりやすくシンプルでチュートリアルを見なくてもすすめられるほどなのでおそらく日本語でなくてもほとんど問題ないでしょう。

「Facebook」に掲載された制作者のコメントではこの『Crimson Alliance』はHalo: ReachやCall of Duty: Black Opsの開発に携わり学んだアクションに関する全ての経験とCertain Affinityのファンタジージャンルへの愛を全て詰め込んだと記されており、「飽き飽きするようなバックパック整理や退屈なダイアログを全て取り除きました!」と熱い思いが強調されています。

この手のゲームでありがちなアイテムの整理や無駄に表示されることの多い情報画面などを一新するとのことです。
こういう配慮はありがたいですね。
また制作者のこのゲームに対する意欲も感じられます。

●いやらしい上からの敵の攻撃
クリムゾンアライアンス_上空からの攻撃.jpg

戦略性も高く、プレイ時間もあまりかからない。
このプレイしやすさの部分が好評ですが、あくまでも試遊プレイ程度での評価なので、実際のところは遊んでみないとわかりません。

それでも4人coop可能なアクションRPGが海外と同時に配信されるというのは、嬉しいものです。
正直なところ発売まで1週間程度しかありませんが、現段階でわかっている情報は本当に少ないです。
ですが、この手のゲームがようやく1,200MSPで遊べるのですから、フレンドと遊ぶための一本としてダウンロードしてもいいのではないでしょうか。

☆最新のウィザードのプレイ動画です。

posted by アイオリア at 00:00| Comment(4) | Crimson Alliance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

マルチメディア展開絶好調!ますます目がはなせない【シュタインズゲート】

マルチメディア展開というとこの前紹介したアニメはもとより、PSP版などがありますが、つい最近8月25日にiPhone、iPod touch用の想定科学ADV『STEINS;GATE』が配信されました。
そして3000円というiPhone、iPod touch用アプリの中では高額の部類ながら、8月27日現在の有料ソフトのダウンロードランキングではダントツの1位となっています。
これだけ様々なハードで発売されていながらもこのパワー、まさに『シュタインズゲート』恐るべしです。

↓iPhone、iPod touch用『STEINS;GATE』ダウンロードサイトはこちら
ipone版 シュタインズゲートアイコン.jpg

今回のiPhone版のアプリ他にはない特徴としてあげらるのが操作性の向上です。
『シュタインズゲート』には携帯を操作する「フォーントリガーシステム」がありますがそれをiPhoneの画面で直感的に操作出来るようになりました。
具体的にどういうことかというと

・共通操作方法
Phoneパネル:フォーントリガー呼び出し/しまいこみ
二本指タップ(もしくはピンチイン):メニュー表示
タップ:テキスト送り、決定
下スワイプ:ログ画面表示
上スワイプ:メッセージエリアの表示オフ
右スワイプ:既読メッセージスキップ
左スワイプ:強制メッセージスキップ
一本指タップ長押し:オートモード

・『STEINS;GATE』独自の操作
端末を縦持ち:フォーントリガー呼び出し
端末を横持ち:フォーントリガーしまいこみ

●まさにiPhoneに特化したシュタインズゲートなのだよ!
ipone版 シュタインズゲート.jpg

スワイプとは画面に触れた状態で指を滑らせる操作のことです。
iPhoneという携帯機で携帯を操作するというのもなにか変な話ですが、操作のしやすさは後発という部分を差し引いてもiPhone版の方が上だと思います。

まぁそれでゲームのおもしろさが変わるわけではないんですけどね。
iPhone版には演出強化パックも実装されているので360ではまだそっちはダウンロードしてないよという方にも最適です。

360版も遊んだけれど、アニメなどを見ててもう1度あの感動を味わいたくなったという方には値段的に見てもベストな選択だと思います。

そしてそのアニメもいよいよ佳境に入って参りました。
先日公開された第21話「因果律のメルト -Paradox Meltdown-」はまさに佳境といえる回でした。

シュタインズゲートアニメ 公式サイト


まゆりを救うために奔走した岡部倫太郎に、ついにゴールの光が見えかけてきたときその前には思わぬ大きな落とし穴が開いていた。まゆりと共に飛び越えることは可能だが、その奥底からは助手の助けを求める声が・・・。

とまぁネタバレを避けるためにおもいっきりアレンジして今までのストーリーをまとめました。

でも前回のアニメの特集の際に書いていた、

>まゆしぃを助けるためにどうしても犠牲にしなければならないものに対しての苦悩する様も個人的にはツボといった感じかなぁ。
どうあがいても変わらない因果律。
それを断ち切るには原点に戻るしかない。
でも原点に戻ると言うことは・・・。

この部分にとうとう来てしまったのです。
見てて痛々しい岡部。なんとか両方とも助けるために苦悩する岡部。
そして今回の良さは岡部だけでなく、紅莉栖やまゆりの思いというか人間味あふれる部分がしっかりと表現されていたということです。
特にまゆりが、岡部の苦悩の原因が自分である事を察していて、祖母の墓前で、最近自分が死ぬ夢をよく見ること、ラボメンが岡部とまゆりしかいなかった頃のこと、最近岡部と話す時間が減ったことなどを、心の中に秘めていた想いを語っていたシーンが印象的でした。

●まゆりの悩みをきいて、心配させないようにあえてマッドサイエンティストのふりをする岡部が印象的。
因果律のメルト_墓前でのまゆりと岡部.jpg

そしてついに来てしまったのが、紅莉栖に苦悩を打ち明けるシーン。

ううっ・・・ここからはさすがにネタバレなしでは無理です!
っていうか今まででも十分してる?意識はしたつもりなんですがw
とにかくゲームを遊んでない方もしくはアニメをみてない方は素通りの方向でw

タイムリープしてきた岡部の憔悴しきった様子を見て心配した紅莉栖は、クラッキングを止めた理由を説明するように求める。

●岡部との対話のシーンで
因果律のメルト_クリス3.jpg

岡部はなんとかはぐらかそうとするが、紅莉栖の間に答えざるを得なくなり、「まゆりを助けるために、あのDメールを消せば、お前が死ぬ」と真実を打ち明けることになってしまう。

●やはりショックを隠しきれない紅莉栖
因果律のメルト_クリス4.jpg

この岡部と紅莉栖との切実なやりとりが個人的にはツボなのです。
また中の人(?)である宮野守さんの憔悴しきった岡部の演技も最高でした。
もちろん派手なマッドサイエンティストである岡部もとい鳳凰院である時もいいですが、この時の疲れ切った感じまで表現された演技がよかったですね。
他にもこのシーンにひけをとらない真エンディングあのシーンでの演技も最高でした。
機会があったら是非紹介させてほしいです。

今回はこの個人的にお気に入りのシーンがまゆりに重点が置かれていたせいか(それはそれで全然文句ないのですけど)少しはしょられていたので、STEINS;GATE ドラマCD α「哀心迷図のバベル」ダイバージェンス0.571046% よりその部分だけを聴いていただきなぁと思います。


この時の紅莉栖の気持ちはどんなだったろうって思いませんか?

●自分が死ぬと聞いて、ある覚悟をきめたのか?
因果律のメルト_クリス.jpg

おそらく次の回で少しは表現されますけれど完全には無理ですね。
《STEINS;GATE ドラマCD α「」ダイバージェンス0.571046%》ではその部分が具体的に表現されています。
「自分が死ぬ」その事に対する紅莉栖の心の葛藤と父である中鉢への思いが交錯した素晴らしいストーリーでした。まだ聴いていない方はこの機会に聴いてみることを強くお勧めします。

STEINS;GATE ドラマCD α「哀心迷図のバベル」ダイバージェンス0.571046% [Cast Recording] / 今井麻美, 桃井はるこ, 宮野真守 (CD - 2010)

最終回に向けて、ますます目が離せなくなったアニメ シュタインズゲート。
そしてアニメだけでなく、今回のiPhone版のようにまだまだ広がる可能性をもったこのシュタインズゲートの世界からはまだまだ目を離すことができませんね。

☆シュタインゲート アニメ収録での花澤香奈さんの映像です。
こんな雰囲気でアニメって収録されているんですねぇ。
posted by アイオリア at 00:00| Comment(2) | シュタインズ・ゲート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

世界で唯一!NBA公認バスケットゲームが登場!【NBA2K12】

Take-Two Interactive Japanより、世界で唯一のNBAオフィシャルのゲームソフトである『NBA2K12』が10月20日に発売する。価格は6,090円です。

『NBA2K12』公式サイト

この『NBA2K12』は、米国のプロバスケットボールリーグであるNBAをモチーフにした2K Sportsの中でも特に人気の高いシリーズです。
やはりウリは世界で唯一のNBA公認ソフトであるという点なのですが、他にも実は公認ソフトはあった(過去形)のです。
そうです、もともとElectronic Artsさんから発売され360でも出ていた「NBA LIVE」シリーズです。
360でも「NBA LIVE 10」が発売されていましたが、11は制作中止になったそうです。
それもそのはずで、EAは「NBA LIVE 10」を最後にライセンスの更新を終了していたのです!
つまりバスケットボールゲームでは良きライバルとして存在していた「NBA LIVE」シリーズは事実上、撤退したといってもいいでしょう。
現在は「NBA2K」シリーズのみが唯一のNBA公認のバスケットボールゲームとなっています。

おそらく今後もNBA公認と呼べるゲームはこのシリーズのみになるでしょう。
ライバルがいて切磋琢磨する環境の方がいいとも言えますが、こうなった以上はバスケゲームファンの期待を一心に背負いその期待を裏切ってはいけないと思います。

●ファンの期待を一身に背負った唯一のNBA公認バスケットボールゲーム
NBA2K12_試合.jpg

出来の悪いスポーツゲームにありがちな、ただデータを更新するだけで他は毛が生えたような新作では絶対に納得してくれません。

本作の目玉は今回からの新モードである、「NBAグレイテストモード」です。
登場選手は下記の通りです。

・マイケル・ジョーダン
・マジック・ジョンソン
・ラリー・バード
・ジュリアス・アービング
・カリーム・アブドゥル=ジャバー
・ウィルト・チェンバレン
・アキーム・オラジュワン
・オスカー・ロバートソン
・アイザイア・トーマス
・カール・マローン
・ビル・ラッセル
・スコッティ・ピッペン
・パトリック・ユーイング
・ジェリー・ウエスト
・ジョン・ストックトン

●マイケル・ジョーダン・・・得点王10回、年間最多得点11回、平均得点は30.12点でNBA歴代1位、通算得点は32,292点で歴代3位。1990年代にシカゴ・ブルズを6度の優勝に導き、5度の年間MVP、6度のNBAファイナルMVP受賞。でも彼のすごさはこんな数字だけではないです。
もっとも凄いのはプレイオフやブザーがなる瞬間などの緊迫した場面での勝負強さ。
どんなにテクをもってたとしてもこういう場面では弱い人間の方が多いはず。
またダンクやレイアップなどの多彩なオフェンステクニックを持っていて点を叩き出したのはもちろんのこと、ディフェンス能力も非常に高く、全てにおいて高い実力を兼ね備えているからこそのスーパースターと呼ばれる由縁だと言えます。
NBA2K12_マイケル・ジョーダン.jpg

☆ジョーダンのスーパープレイ集です。ギリギリの部分でチームに勝ちをもたらすことができるのがスーパースターの凄さなんですねぇ


バスケファンはもちろんのこと、NBAをすこしかじっただけ(管理人のようなw)のファンでもわかる大スターが目白押しです。

●カリーム・アブドゥル=ジャバー・・・1970年代から80年代のにかけて北米のプロバスケットボールリーグNBAの第一線でプレーし続けた伝説的センタープレイヤー。彼の代名詞と言えるのがスカイフックというシュートで、ブロッカーのアーチ状の軌道から頭上を越えてシュートですが、アブドゥル=ジャバーはこれを左右両方の手で打つことが出来た上にそのスカイフックを相当な遠距離からも楽々と決めることができた。しかもこれほどのシュートをパスをもらって振り向きざまに決めることもできたので、彼のフィールドゴールの成功率は非常に高かった。
これを真似しようと試みた者は多くいたが、未だになし得た者はいないので、未だにスカイフックの唯一の習得者と言われている。
NBA2K12_カリーム・アブドゥル=ジャバー.jpg

ジョーダンと死闘をくり広げたマジック・ジョンソンやラリー・バード、アイザイア・トーマス、パトリック・ユーイング、カール・マローン&ジョン・ストックトンのコンビ、アキーム・オラジュワンなど、ジョーダンとキャリアを共にした同時代の選手達。

●マジック・ジョンソン・・・NBAでは、1980年代にロサンゼルス・レイカーズを5度のタイトル(1980年、1982年、1985年、1987年、1988年)に導いた。彼を歴代最高のポイントガードと評する者も多い。1991年にはHIV感染を理由に突如引退表明し、各界に衝撃を与えた。1996年にNBA50周年を記念した「歴代の偉大な50人の選手」に選ばれた。2002年に殿堂入り。
NBA2K12_マジック・ジョンソン.jpg

そして“ドクターJ”ことジュリアス・アービング、カリーム・アブドゥル=ジャバー、ウィルト・チェンバレン、ビル・ラッセル、オスカー・ロバートソン、ジェリー・ウェストといったジョーダン世代以外でも輝かしい往年のスーパースターも登場。

●ジュリアス・アービング・・・バスケットボール界の伝説的プレーヤーで「ダンクを芸術にした男」とまで評される名プレーヤー。
NBA2K12_ジュリアス・アービング.jpg

●ウィルト・チェンバレン・・・身長が高くフィジカルもありさらに運動能力にも恵まれていることから、ゴール下で他の選手を圧倒した。それは新人から7年連続の得点王や5度のリバウンド王を獲得するなど、いかにインサイドでの支配力凄まじかったかを物語っている。しかし特に凄いのが67-68シーズンに獲得したアシスト王である。これはセンター選手がアシスト王を獲得したNBA史上唯一の出来事なのです。
NBA2K12_ウィルト・チェンバレン.jpg

他にも紹介したい選手が山ほどいるのですが、この辺でご容赦をw

これらのNBA史に残るレジェンド級の選手達でプレイして、その伝説的な名試合を再現したり、体験できるというものです。
これはNBAファンならずとも、見てみたいと思うでしょう。
もちろんショぼいグラフィックだと選手ではなくて、選手を真似たゲームのキャラが動いているだけにしか思えないでしょうが、ここまでリアルな選手達が再現されているとまさにあの名試合を自分の手で再現しているという感動に出会えると思います。

もちろん前作でも好評だった「ジョーダン・チャレンジ」モードも搭載。
これはプレイヤーがジョーダンとなってその偉大さを体験できるモードです。
パワーアップしていると思われますが、詳細は明らかになっていません。
前作ではジョーダンの輝かしいキャリアの中から厳然された10の偉業を再現することができました。
おもしろい要素として一定の条件をクリアすることでジョーダンブランドのシューズがもらえました。
全40種類のシューズがあってそれぞれプレイヤーの能力を伸ばす特殊能力が組み込まれていました。
本作ではその偉業の種類やシューズの種類などどこまでパワーアップしているか楽しみですね。

アメリカの3大スポーツといえばベースボール(MLB)、アメリカンフットボール(NFL)、バスケットボール(NBA)。
日本人選手の目立つメジャーリーグに比較すればNBAも日本ではそれほど知名度は高くないのは事実です。
でも1時期は確実にメジャーリーグと同等ももしくはそれ以上に日本でも人気があった時がありました。
ジョーダンのようなスーパースターがでることはもとより、日本からもこの前引退を表明した中国の姚明選手のような国を挙げて盛り上げてくれるような選手が出てくれるとまた人気がでてくると思いますがどうでしょうかねぇ。

ともかくアメリカでは依然として高い人気を誇るNBA公認のソフトが日本でも発売されます。
今、NBAが好きな方はもとより、かつて(特にジョーダン時代)NBAのファンだった方も購入を検討してもいいのではないかと思います。

NBA 2K12 / テイクツー・インタラクティブ・ジャパン

☆海外版ですが最新PVです。
posted by アイオリア at 00:00| Comment(2) | NBA2K12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。