2011年12月31日

2011年度Xbox360ランキング

2011年度Xbox360ランキングの第1位はXbox Live 3500 マイクロソフト ポイント カードでした〜。
パチパチパチパチ〜(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"
以上

というわけにはさすがにいきませんがw、アマゾンで2年連続Best of 2011 TVゲームランキングの1位を獲得したことは事実で、それは裏を返せばソフトはもとよりマイクロソフトポイントなどといったものはもはやアマゾン等を利用するしかないという選択肢の少なさの表れなんですね。

Best of 2011 ランキング > TVゲーム

もう近くにあるゲームショップなどではこういうものは扱っていないところも多いのが現状です。というか360ソフトそのものを扱っていない店舗も増えているの事実として受け止めるべきでしょう。

2011年は海外では2007年に匹敵するぐらいゲーム業界にとって素晴らしい年であったとの評価が一般的です。
しかしこれが日本にも当てはまるかというと決してそうではなく、悪い言い方をすると海外製のソフトのおこぼれをもらってしのいだ1年だったといえるでしょう。
その証拠に確実に5万本を越えたのは「アイドルマスター2」と「ギアーズオブウォー3」のみ。
2007年は国産は「ロストオデッセイ」「エースコンバット6 解放への戦火」「トラスティベル〜ショパンの夢〜」海外産は「Halo3」「ギアーズオブウォー」といった蒼々たる面々が軽く5万本を突破していました。

確かに2011年に発売された海外産のソフトは質及び販売数ともにいままでの基準を塗り替えたものが沢山でました。
今回のランキングにもその影響は色濃くでていますが、海外製とはいえどれも今までの同ジャンルの基準を塗り替えるような素晴らしいソフトばかりだと思うので、逆に日本でそれほど伸びないのが不思議なくらいです。
まぁPS3でも出ているものは明らかに倍以上PS3版の方が売れているのでそちらが支えているのは否定できないところですが。

ま・・・まぁなんか初っ端から暗い方向へ行ってしまいそうなので、ここらで気を取り直して、早速ランキングの方をはじめたいと思います。

5位 アイドルマスター2
このソフトはPS3に完全版という形で移植されましたが、管理人としてはむしろ当然と思っているくらいで何の抵抗もありませんでした。
私がバンナムの広報担当なら間違いなく、アニメも始まったこの時期にPS3版を移植をお願いすると思います。

●PS3の完全版は最初から予測できたし、このステージフォーユーも想定内w
アイドルマスター2_ステージフォーユー.jpg

むしろ360版を先に出してもらってありがとうみたいな感じです。
内容も全てがPS3版の方が上回っていますがそれは当然の事です。
でもシステム面こそ改善されたもののシナリオ面はさすがに無理だったようですね。
このシナリオさえハイレベルであれば、アイマスファンにとってもこの手のゲームのファンにとっても名作となり得たのですけれどねぇ。
それでも360版は360全ソフト最高の販売本数を叩き出したのは事実です。
これは大いに評価に値すると思います。

●いまだに追加DLCが出ているというのも凄いと思う。
アイドルマスター2_ワイヤードマリオネット.jpg

4位 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3
世界販売本数は約900万本、販売額が11月8日の発売開始以来16日間で10億ドル(約780億円)を超えました。これは公開から17 日間で興行収入10億ドルに達した2009年の映画「アバター」の記録を塗り替えました。

●記録づくしのコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3。でも国内は・・・
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3_キャンペーン.jpg

また、コールオブデューティシリーズ全体の収益は今のところ65億ドルはで興行収入トップスリーである,アバター(27億8,000万ドル),タイタニック(18億4,000万ドル),ハリー・ポッターと死の秘宝Part2(13億3,000万ドル)を合計した59億5,000万ドルを上回ります。
とまぁ、簡単に上げただけでもすさまじい数字がならびますが、日本の360では4万本もいってないそうです。
えっ?と聞き返したいほど低い数字ですがこれが現実です。
全世界の売上げの0.5%も貢献していないことになります。
本作はキャンペーンの評価は高いものの対戦は過去作と比較してもあまり高くはありません。
しかし、日本以外のプレイヤー数は圧倒的なので、それこそいつ何時どのような設定でプレイしても対戦相手がいるという魅力は他ではなかなかありません。

●対戦がそれほど評価高くないのが残念。管理人のフレでもこのゲームの対戦で遊んでいる人はあまり見かけなくなりました。
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3_対戦.jpg

3位 Forza Motorsport 4
このブログでこのゲームを取り上げたのはちょうど1年くらい前。
その時から「絶対にGT5を超える最高のレースゲームになる!」なんてホざいていましたが、ソフトが発売されてからの評価も最高といっていいもので事実そうなって実は胸をなでおろしている次第ですw。

●ワールドツアーモードでより高性能な車に乗ろう。
Forza Motorsport 4_ワールドツアー.jpg

まぁレースゲームは過去にグラフィックだけは良かったというものもありましたから。
でもTurn10のフォルツァ3までに積み重ねた実績があればそうはならないと信じていました。
グラフィックだけでなくリアルな音も、今回から搭載されたオートビスタモードも素晴らしく、まさにハードの垣根を越えた車好きファンなら必ず所有すべき1本となりました。

●最高レベルのゴーストと勝負して、自分の腕を磨け!
Forza Motorsport 4_ゴースト.jpg

2位 The Elder Scrolls V : Skyrim
1位とどちらにするか悩みましたが、360オンリーではないということで2位にしましたw
360オンリーだったら迷うことなくダントツの1位だったんですけどね。
このゲームは海外にかぎらず国内のレビューでも満点の嵐でした。

●もちろんグラフィックも文句なし。
The Elder Scrolls V Skyrim_大地.jpg

よく否のうちどころのないゲームといわれるものがありますが、本当にそれに当てはめることができるのはこのゲームだけかもしれません。
多少のバグやフリーズもあるものの、これだけ人気がありプレイされていればその内解消されると思います。
普通にプレイしていたら1ヶ月程度ではクリアできないほどのボリューム、そして今までのオープンワールドRPGでは希薄だったシナリオの重厚さ、ただ単に自由なのではなくそれぞれにしっかりとした目的がある中での自由さ、前作から様々な箇所が改良されている等々、前作だけでなく過去のオープンワールドRPGの全てを上回っているといって過言ではない出来だといえます。
管理人ももちろん買っています。でも封も開けていません(^_^;)
その前に遊んでおくべきゲームを遊んでおかないと、これ以外に他のゲームが遊べなくなるのではないかという危険な魅力を感じたからです。
文句なしの今年NO1の大作です。

●シナリオまで評価されるオープンワールドRPGってかなり珍しい。
The Elder Scrolls V Skyrim_クエスト.jpg

1位 Gears of War 3
1位は2位と非常に僅差でしたが、やはり360オンリーということと5万以上を売上げた実績、そして文句なしのゲームの出来という点を鑑みて1位となりました。
基本的なゲームシステムこそ前作から大きく変わっていないものの、それが従来のシリーズのファンはもとより少しでもTPSを遊んだことのある人であればすぐに操作でき楽しめるという取っつきやすさを生んでいます。
このシリーズ独特のカバー・ポジションを軸とした攻防の駆け引きや、ランサーやレトロ・ランサーによる一撃必殺の接近戦などが生み出す、メリハリの効いたゲーム展開も健在です。
その上に戦略性が大きく増したホードモード、従来は敵であるローカストなどを操作できるビーストモードなど多彩な協力プレイモードに加え、バランスがとれ、よりおもしろみを増した対戦がその面白さに拍車をかけています。

●対戦が苦手な人でも、2種類の全く異なる協力プレイで長く遊ぶことができます。
Gears of War 3_協力.jpg

バランス調整のアップデートに加え追加マップやキャラ等も多く、開発者サイドの「プレイヤーを飽きさせない姿勢」というものが伝わってきます。
まさに「360を持ってて良かった1本」と呼ぶに相応しく、他のゲームよりも長く遊ぶことが出来るゲームであることは間違いないでしょう。

●これは最新コンテンツの「ラームの影」から。こういうコンテンツやイベントが毎月のようにあるのも評価のポイント
Gears of War 3_ラームの影.jpg

以上2011年のランキングですがいかがでしたでしょうか。
国産のソフトがアイドルマスタ−2だけという現状ですが、まぁ2011年は他に国内産で盛り上がったソフトといえば「ドリームクラブZERO」「シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん」ぐらいしかないので順当かなと思ったりしてます。

まぁアイマス2も含めて、この全5本のソフトはそれぞれのジャンルで新基準を作ったといっても過言ではないでしょう。
つまり今後に出るそれぞれのジャンルのソフトはこれらのソフトを超えなければならないわけで、まぁ例えるならば今までの基準は走り高跳びでの日本記録程度だったものが、一気に世界記録にまであがったといえばいいでしょうか。

つまり相当に基準が上がったわけでこれらを超えるソフトはそう簡単にはでないと管理人はふんでいます。

ここに国産ソフトのつけいる隙があるわけで、2012年は国内ソフトメーカーにもチャンスがある年なのではないのかと思います。

日本は日本なりの得意分野のゲームがあるはずです。
別に海外の大作ソフトと同じ土俵の上で勝負する必要は全くないのですから。

それにしてもその先陣を切るべきは日本マイクロソフトです。

ご存じでしたか?日本マイクロソフトは「ロストオデッセイ」以来ソフトを作っていない事を。

360の販売台数だけでなくキネクトの国内販売も苦しい今こそ日本マイクロソフトが先陣を切って大作ソフトを作り販売するべきです。

日本マイクロソフトの360での事実上のトップの泉水敬氏は、マイクロソフトのXbox Liveオンライン・ゲーム・サービスがパソコンと携帯端末用の新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」に搭載されるので日本国内でも360が認識されてが売れるようになるだろう。

などとウサギが切り株にぶつかるのを待つような悠長な見方をしていますが、トップがそんな甘い考えでは間違いなく衰退の一途を辿ります。

まずソフトありきなのは言うまでもないこと、マイクロソフトの資金力を生かして有力な国内ソフトメーカーを傘下としコンスタントに良いソフトを提供できる環境を整えること、そしてその先駆けとして日本マイクロソフトもソフトを作ること。

これが2012年もしくはそれ以降に360が国内でも今一度盛り上がりを見せるために不可欠な手段だと管理人は思います。

まぁとはいっても360は2012年も国内市場では苦境に立たされるでしょう。
でもそんなハードだからこそ応援したいし、していきたいという気持ちがあります。

このブログも2012年も360を応援し続けます。こんなブログでもよろしければ

来年もご愛顧のほど、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
posted by アイオリア at 23:00| Comment(6) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

トラ・トラ・トラ ワレ攻撃ヲ敢行ス【蒼の英雄-Birds of Steel-】

空戦ものとしての機体を一心に受け、思いっきりコケたゲームがあります。
そうそれは「エースコンバット アサルト・ホライゾン」です。

発売前の期待度はエースコンバット従来のファンはもとより、航空機ファンの期待も一心に背負いかなりの高まりを見せていました。

管理人の私もこの手のゲームは苦手とはいえ、開発スタッフのコメントなどはしっかり読んでいてこれは期待できるものになるのではとエールを送りたい気分でした。

ところが蓋を開けてみれば、まだ発売から3ヶ月しかすぎていないのに、プラチナソフトよりも低い価格でいたるところで投げ売りされている始末。

評価の高いレビューもありましたが、この投げ売りがゲームの出来の証明といって過言ではないでしょう。

そんな航空機ファンががっかりしている中ですが、2012年3月8日(予定)にコナミより『蒼の英雄-Birds of Steel-(バーズ オブ スティール)』というソフトが発売されることが決定しました。価格は6,980円(税込)。

→蒼の英雄-Birds of Steel-(バーズ オブ スティール)公式サイト

このソフトはジャンルはそのままフライトコンバットシミュレーター。
基本プレイはまさにシミュレーターらしい1人です(でも16人対戦は可能です!)。

なんと制作はロシアのデベロッパGaijin Entertainment。
360では「X-BLADE エックスブレード」知られていましが、同じ3月8日その続編の「BLADES of TIME」が発売されます。
順当に考えればこちらが日本向けではないかと思われるかもしれませんが、声優こそ釘宮理恵さんなものの、どうみても主人公のアユミが釘宮さんに合わないキャラになってしまったんですよね。

ですので、Gaijin Entertainmentさんの本命は実はこの『蒼の英雄-Birds of Steel-』なのかもしれません。

Gaijinだからと侮るなかれ。

●制空権を奪い取ることが目的
Birds of Steel_零式21 制空権.jpg

第二次世界大戦(1940年代)を舞台としたコンバットフライトシミュレーションで、機体の再現の正確さはもちろんのことですが、背景もできるだけ残存する当時の建造物などを参考に再現されたということなのです。

どこまで細かいとかなどの情報は現時点ではつかめませんでした。
というか、このゲームの情報ってほとんどないんですよね・・・。
発売日は結構近いんですけどね。

◆三菱 海軍零式艦上戦闘機 21型
まず分かっている機体として第1に上げられるのが、〈三菱 海軍零式艦上戦闘機 21型〉です。
というかこれを最初に上げないわけにはいかないでしょうw
零戦の中でも、初の本格的な量産型として空母機動部隊を中心に配備されたのがこの二一型です。
熟練搭乗員の操縦する二一型は、真珠湾攻撃やフィリピン侵攻作戦、インド洋作戦など太平洋戦争の緒戦において、単座戦闘機の常識を覆す3000km以上の航続距離や驚異的な格闘戦能力、20mm機銃の重武装を活かして連合軍戦闘機を圧倒。その華々しい活躍により零戦不敗神話を築き上げたのです。

●零戦二一型の雄姿を目にやきつけるべし
Birds of Steel_零戦21型@.jpgBirds of Steel_零戦21型A.jpg

でもその短所も書くべきでしょう。短所はあまりに洗練されたデザインにあります。
軽量化のため機体骨格に多くの肉抜き穴を開けたり、空気抵抗を減らすために製造工程が複雑な沈頭鋲を機体全面に使用されているなど工数の肥大化。
そのためアメリカのP-51と比較すると零戦の生産工数は約3倍もかかるそうです。
なにより問題なのはエンジンの出力不足が顕著になってもそのデザインは開発当時のエンジンに合わせて完璧なまでに設計されているためにエンジンを替えることができなかったのです。

●終戦まで戦い抜いたが、それは零戦に頼らざる得ない日本の現実でもあった。
Birds of Steel_零式21 敗北.jpg

ある意味日本に歓喜と悲劇の両極面をもたらした機体ですが、それだけに日本人にとってこれも色々な意味で忘れ得ない機体であることは間違いないでしょう。

●でも日本人なら零戦で戦いたい?!
Birds of Steel_零戦21型C.jpg

◆ノースアメリカン P−51マスタング
そしてこのゲームに登場するもう1つの傑作機がP-51です。
第2次世界大戦最高のレシプロ機ということに異論を挟む人はほとんどいないと思います。
初期型こそ非力なエンジンのため平凡な機体(それでも最高速度は600キロを超える)でししたが、優秀な過給器を装備したマーリンエンジンを搭載したB型以降は700キロを越す高速を発揮し、これに追い付ける実用戦闘機はドイツのジェット戦闘機ぐらいでした。
航続距離も長いことから爆撃機の護衛として、ヨーロッパから太平洋戦線まで大活躍、戦後も朝鮮戦争でも戦闘爆撃機として使用されるほど息の長い機体でした。

●最優秀レシプロ機はの異名は伊達じゃない
Birds of Steel_P-51.jpg

◆メッサーシュミット Bf109戦闘機
大戦初期には向かうところ敵なしの戦闘機でドイツの電撃作戦を支えた原動力となりました。
アフリカ戦線から東部戦線までドイツ軍の全戦域で活躍しましたが、当機の欠点としては航続距離が短いことや主脚の左右間隔が狭いことによる地上走行中の安定性があまりなかったことなどがあります。
特にこの航続力のなさは、英本土航空作戦失敗の直接的な原因ともいえました。
終戦までに製造されたBf109は3万機を超え(正確な数字は大戦末期の爆撃による混乱のため不明)、これを凌ぐ生産機数はソビエトのIl−2 だけという名実ともにドイツ軍を支えた戦闘機でした。

●電撃戦の快進撃を支えた名戦闘機
Birds of Steel_BF109.jpg

次に攻撃機を・・・といきたいところですが、とりあえずはこの辺でご容赦を。
やはり空戦の花形は戦闘機でしょう。
爆撃機も攻撃機も戦闘機の援護があってこそ、敵地で暴れ回ることができるのです。
ドイツの戦闘機が優秀でありながらも結果的には敗れたのがこの戦闘機の後続力のなさですし、アメリカ軍の爆撃機が欧州や太平洋で縦横無尽に活躍できたのもマスタング等優秀な戦闘機が援護についてくれていたおかげです。

●敵は戦闘機ばかりではない、地上からの強力な対空砲火も恐ろしい。
Birds of Steel_対空砲火.jpg

例えば日本でも有名な空の要塞B-29はそれ自体も強力な武装を積んでいて、日本軍の航空機を寄せ付けませんでしたが朝鮮戦争ではミグ21などにバタバタと撃ち落とされました。

ゲームでも戦闘機に乗って味方の攻撃機や爆撃機の攻撃を支援するというシュチュエーションもあると思います。
味方を守りながら味方の攻撃も支援するという感じで、実際の戦争を体感できる感じです。

●敵艦に対しての支援攻撃
Birds of Steel_ワレ敵艦に突撃ス.jpg

それにしても情報がホントにないです。
中でもオンライン対戦が8対8に分かれてのチーム戦というところが気になりますが情報がないですねぇ。

●メーデーメーデー、被弾したこれより不時着する。
Birds of Steel_メーデーメーデー.jpg

アメリカ、日本、ドイツ、ソビエト、イギリスの機体は確認しましたがその他にもあるのでしょうか。

●ロシアのメーカー製だけあって?ソビエト機も確認。
Birds of Steel_ロシア軍機.jpg

まぁイタリアあたりはあるかもしれませんね。
イタリアの名機といえば「MC.202フォルゴーレ」あたりでしょうか。
見る限りはどこかの国に片寄った感じではなさそうですね。

また、国にわかれてのチーム戦というのもとてもおもしろそうです。

●敵味方入り乱れての激戦
Birds of Steel_敵味方入り乱れての激戦.jpg

確かに国ごとの戦力差はありますけれど、
「フフ、機体の性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを、教えてやる!」
と言って高性能機体を撃墜するなんてのもおもしろそうです(^^;)

●日本軍の上陸を阻止せよ!
Birds of Steel_日本軍の上陸を阻止せよ.jpg

とにかくロシア発だからといってフライトコンバットシミュレーターと謳っている以上、あなどれない出来になっているのではないかと思います。
今はFPSなどのシューティング系が人気があるので、「エースコンバット アサルト・ホライゾン」もそれの真似をした感じでシミュレーターではなくシューティングとして宣伝していましたが、結果はご承知のとおりです。

●ワレ敵機を撃墜セリ
Birds of Steel_ワレ敵機撃墜セリ.jpg

ある意味その人気路線からは外れたフライトシミュレーターを今の時期に出すと言うことはそれなりの自信もあるのではないかなと思っています。

●この操縦席は日本軍機のもの。さぁここに座ったあなたがエースパイロット。
Birds of Steel_日本軍機操縦席.jpg

まだ情報不足の感はありますが、360でも意外に見かけないフライトシミュレーターですのでどれほどの仕上がりを見せるのか注目していきたいですね。

↓数少ないジャンルのゲームだけに期待していいかも
蒼の英雄 Birds of Steel / Konami(World)

☆今のところ唯一のプロモーション動画です。
posted by アイオリア at 20:00| Comment(2) | 蒼の英雄-Birds of Steel- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

聖夜の夜に相応しい、女性アーティストの楽曲をお届け

最近の芸能界のトップアーティストといえばAKB48。
CD総売り上げは、2011年10月26日の23枚目シングル「風は吹いている」発売の時点で1034万枚となり、日本の女性グループとしては4組目の1000万枚突破を記録、21世紀にCDデビューした日本のアーティストでは最高売上を記録するなど文句がつけようがないほどです。

でも専用劇場やCDの握手会やじゃんけん大会など戦略的勝利もあります。
いえそれは全く否定しません。
芸能界という世界は売れるためには実力プラスアルファが不可欠な世界ですから。

でもあまりにも実力より戦略的要素、そして事務所の力が働くとこういうことがおきます。

日本有線大賞受賞の「ふくい舞」 本人もびっくり、ネットでは「いったい誰?」

私も「ふくい舞」さんは全く知らなかったので調べたのですが、彼女は08年にエイベックスからデビュー曲『アイのうた』を発売すると、配信で人気となり、同年の日本レコード大賞新人賞を受賞。
今年1月にアーティスト名を福井舞から「ふくい舞」へと改名したが、彼女は"芸能界のドン"ことバーニングプロダクションの周防郁雄社長の秘蔵っ子とのことです。

取材の仕切りもバーニングが窓口で、かなりの熱の入れようだったようですが、やはり爆発的なヒット曲をがでなかったのが痛かったようです。
周防氏の力をもってしても、紅白へは無理だったので、まずはレコ大の新人賞へ。
そしてその勢いをもって有線大賞を獲得。

ちなみに、オリコンのデータによると、「ふくい舞」さんの「いくたびの櫻」の売り上げは約1万3,000枚程度。
先ほどのAKB48の数字と比較するとどうなんですかねw
まぁ、有線へのリクエスト数だけが飛び抜けていたということも否定はできませんが、普通に考えれば・・・ねぇw。

まぁなんというか、歌手としての実力よりも別の方の実力がものをいうのは今に始まったことではないですけど、なんというかリスナーはなんか置き去りにされている感はぬぐえませんね。

その点ゲームミュージックは公平ですw。
次世代機になればゲームサウンドにもボーカル曲が増えていますが、まだまだかなといった感はあります。
その数少ないゲームミュージックの歌い手といえば、そして360でもよく耳にした歌い手といえば「いとうかなこ」さんが一番でしたねぇ。

●シュタインズゲートだけでなく、多方面で活躍した「いとうかなこ」さん
いとうかなこ.jpg

もちろん5pb.さんが360で数多くソフトを出してくれていてその主題歌を歌ったのが多いというのもありますが、その豊かな声量と、少しハスキーがかった独特の歌声が聴く者を魅了します。

そして個人的に推したいのが「クラナド」「智代アフター」でも主題歌を歌った「Lia」さん。彼女は最近こそ360のソフトでは歌っていませんが、アニメでは順調なようでBillboard JAPAN MUSIC AWARS 2010にて、Independentチャート部門の年間1位を「My soul, Your Beats!」で受賞。
そして第43回オリコン年間ランキング2010度アニメタイアップシングルでも年間1位を獲得するなどゲームだけでなくアニメでも活躍しています。
その"クリスタルヴォイス"と称された透き通るような歌声と歌唱力は誰もが認めるところ。

●現在は主にアニメで活躍中の「Lia」さん
Lia.jpg

今回は彼女達の曲の中から聖夜の夜に相応しい優しい感じの曲をピックアップしてお届けしたいと思います。
しかも360とは全く関係のない曲で、しかも最新というより3年以上前の旧い曲ばかりでしかもどちらかといえばマニアックとも言える選曲ばかりです。
お二方とももっと有名な曲があるのは重々承知ですが、あえてこの3曲を選んだのはやっぱりこの時期に合うからです。

それでは早速試聴していただきましょう。

♪ivy(いとうかなこ)・・・奇しくも前回特集した「ルートダブル」のプロデューサー中澤工さんが作ったゲーム『Myself ; Yourself』2ndOPテーマです。もちろんPS2専用ソフトなので遊んでないんですけどね。
いとうかなこさんはどちらかといえばアップテンポな曲が多い中で、この曲は聴かせるといった感じの曲に仕上がっていると思います。


特に歌詞の中の

I'll be there――
神様があの日くれた奇跡が
眩しいままでふいに舞い込んだ Wow
I'll be there――
想い出と呼べる季節へ yeah
今二人は道を選んだ

という部分が今、この時にぴったりだと思ったので選びました。

いとうかなこアルバム「Chaos Attractor」【初回限定盤】 [CD+DVD, Limited Edition] / いとうかなこ (CD - 2010)

♪恋心(Lia)・・・発表そのものは2002年とのことなので10年前の曲ということになりますが、その美声は色褪せません。


歌詞もシンプルながらも切ない気持ちが伝わってくるようです。せっかくなので全部載せました。

どんな君を好きでいたか もう思い出せない
永遠を信じてた日に見つけた恋心

楡の木陰に隠れて僕を呼んでた

何処までも続いてゆく悲しい景色 君と笑ってた

10年たっても僕は木陰で待っていた
どんなに君を好きだったか 今も覚えている

いつかこの身が滅びても僕は夢みる

どこまでも続いてゆく悲しい景色 君と笑ってた
いつまでもそばにいるよ 夢の中で君と笑ってた

ふたりには出会いを
ふたりには花を
ふたりには季節を
ふたりにはゆく日を
ふたりには闇を
ふたりには眠りを

Birthday Song Requiem / Key Sounds Label

♪翼をください・・・フォークグループの赤い鳥が〜なんて野暮な説明はおいておいて、教科書にも載っているほどの有名な曲。Liaさんと多田葵さん、多田さんはアニメ「カウボーイビバップ」、「創聖のアクエリオン」で声優、歌唱実績を持つ実力派シンガーです。
この2人の美声デュオは聞き慣れた曲といえども、新鮮な感動を得ることができるはずです。


願いが叶う場所 ~Vocal&Harmony version~ / queens label

いかがでしたでしょうか。お二人の曲の中でもかなりマニアックな選曲だとは思いますがwこの時期に合うという意味で厳選したつもりです。

ゲームのサウンドはまだまだ発展途上だと思います。
その中でこういう実力のある歌い手がゲームで歌ってくれていると将来的にはゲームからオリコンチャートの上位を独占するような曲が生まれるかもしれません。
今までも一時的に有名になったことはあっても、誰もが知っていると言うほど知れ渡ったことはありません。
でも今後はそういうこともあるかも知れません。

そう、ゲーム発の曲が誰でもが知っていて、そしてオリコンチャートも賑わすようなそんな日が来ることを信じたいと思います。
posted by アイオリア at 00:00| Comment(8) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。