2012年02月29日

百年兵を養うはただ平和を護らんがため【蒼の英雄-Birds of Steel-】

真珠湾奇襲攻撃の作戦会議で、司令長官である山本五十六は「開戦予定日前日までに日米交渉が妥結した場合は作戦を中止し帰投せよ」と命令しました。

すると部下が「最初から中止を考えながらでは士気に影響する」と反対したのですがその際に、山本は「百年兵を養うは、何のためだと思っているのか。ただ国家の平和を護らんがためである。もしこの命令を受けて帰って来られないと思う指揮官があるなら、今より出動を禁止する。即刻辞表を出せ」と断固とした態度で臨みました。

山本五十六は国防の本質を理解し、最後まで平和的解決の活路を模索していたのです。
用意された文面を読み上げるだけのどこかの防衛大臣に聞かせたいですねぇ。

この真珠湾攻撃も舞台になっているのが今回取り上げる『蒼の英雄-Birds of Steel-』です。
実はこのソフトなぜかこのサイトでももっとも関心が高いようで、ご覧なっている方も試しに「蒼の英雄」のワードで検索サイトで検索してみて下さい。

なぜか蒼々たるサイトをさしおいてこの360FANTASYの記事がベスト5あたりに表示されています。
見た管理人も驚きました。

まぁおそらくこの360FANTASYの記事が良いのでは当然なく、情報があまりにもないからだと思います。
というのも公式サイトの情報も新動画がアップしたくらいでほとんど変化ないからです。

管理人も探しましたがもう発売までまもなくというのに情報がほんとに乏しいです。
でも海外のサイトを中心に探してきました。

まず20のキャンペーンと16の戦場があるそうですが、実在の戦場として名前がわかっているものを上げます。

■真珠湾攻撃
1941年12月8日(日本時間。現地時間は12月7日の早朝となる)ハワイのオアフ島のアメリカ軍に対して行われた攻撃。一般には、この攻撃で太平洋戦争が始まったとされる。
日本の送り込んだ大規模空母機動部隊が、ハワイのオアフ島南岸に位置するアメリカ太平洋艦隊の根拠地パールハーバーなどを攻撃、艦隊主力に大損害を与えた。

●真珠湾攻撃で傷ついたゼロ戦
蒼の英雄_真珠湾攻撃零戦.jpg

■ウェーク島の戦い
アメリカ本土とグアム、フィリピンを結ぶ作戦線上にあるアメリカ軍の中部太平洋における重要な拠点であるウェーク島をめぐっての日本軍とアメリカ軍の戦い

■ガダルカナル
1942年8月以降日本軍と連合軍が西太平洋ソロモン諸島のガダルカナル島を巡って繰り広げた戦い

■ミッドウェー海戦
太平洋戦争中の昭和17年(1942年)の6月5日〜7日にかけて、日米の海軍が繰り広げた大規模な戦い。この戦いで日本海軍は空母4隻、航空機約300機等を失うという大損害を受け、以後の作戦の主導権をアメリカ軍に譲り渡すことになる。

●日本軍の運命を決めた海戦で奇襲をかけるアメリカ空軍
蒼の英雄_ミッドウェー海戦.jpg

■珊瑚海の戦い
1942年(昭和17年)5月7・8日に、南太平洋ニューギニア東方海域で行われた、大日本帝国海軍とアメリカ海軍との海戦。歴史上初めて航空母艦同士の戦いとなった。

●九九式艦上爆撃機も活躍
蒼の英雄_99式艦上爆撃機.jpg

■マルタの戦い
イギリス軍基地があったマルタ島へ侵攻してきたドイツ軍との攻防。

●地中海の覇権をかけてマルタ島へ侵攻
蒼の英雄_マルタの戦い.jpg

■クバン川の戦い
1943年のスターリングラードの生命線となるクバン川をめぐる独ソの攻防戦

■ポートモレスビー
ニューギニア戦線において、日本軍と連合国軍とがポートモレスビーの支配を巡って行った戦闘。

●アメリカ軍も必死です。
蒼の英雄_アメリカ軍機操縦席.jpg

■ルール
おそらく第2次大戦時ではない架空の戦場で西ドイツ国内最大の工業地帯です。
それは、石油プラント、鉄鋼プラント、軍事機器の生産工場、およびいくつかの飛行場を持っている、ドイツ最大の産業の中心地を舞台に戦います。

●悠々と敵地上空で爆撃するアメリカ軍
蒼の英雄_敵地を征くアメリカ軍.jpg

わかっているだけでもこれだけの戦場があります。
第2次大戦の航空機ファンはこの舞台設定だけでも文句なしといったところでしょう。
特に真珠湾攻撃ではゼロ戦に乗って「ワレ奇襲ニ成功セリ」とつぶやきたい人も多いのではないのでしょうかw。

その他にもその後の日本の運命を決めた「ミッドウェー海戦」などでは「俺のゼロ戦で運命を変えてやる!」なんてこともできるかも知れません。

またドイツ軍の戦場もなかなか渋いものがあり敗色濃厚なクバン川の戦いでいかに奮戦して味方を救うかなんて設定もおもしろそうです。

●ドイツの攻撃機といえばスツーカ
蒼の英雄_ユンカースJu-87スツーカ.jpg

またミッションは数百種類にもおよび飽きさせない工夫がしてあるそうです。
また日本の公式サイトではサポートされていないのですが、どうやら4人協力プレイが可能だそうです。
どのようなものかは具体的にはわかりませんでしたが。

●BF110C攻撃機での出撃なんてのもあり。かなりマニアック?w
蒼の英雄_BF110C.jpg

その他にこだわったのは機体の損傷です。
100以上のポイントが設定されていて独自の物理計算で損傷を検出しリアルに表現します。

その機体も前回お伝えしたイタリアやソ連の機体がでるのはもちろんのこと、オーストラリアの機体も登場します。
オーストラリアの機体ではCA-12という戦闘機(オーストラリアのコモンウェルス社製)が確認できました。
日本軍では二式水上戦闘機なんていう渋い機体もあります。

まだまだ上げたい機体はありますが、それは遊んでからのお楽しみということで。

●B-17でドイツ本土を爆撃しよう
蒼の英雄_B17G.jpg

尚、プレイしたレポートの中には「戦争の恐怖感を体感できる」というのがありました。
操作は決して簡単な方ではなく、シミュレーターとしての手応えを感じさせてくれるものだそうです。
分かりやすく言うとこの手のゲームでは実際には無理といえる急回転や旋回などしても簡単には墜落しませんが、そのような明らかに常軌を超えた操縦をすると間違いなく墜落するのだそうです。
また正確な物理計算による損傷の度合いがわかる様は墜落が間近に迫る恐怖感を体感できるのだそうです。

●敵の攻撃からくる墜落の恐怖
蒼の英雄_敵との空中戦.jpg

もっともこのプレイレポートは昨年末につづられたモノなので発売されるものがどうなるかは定かではありません。
でもこれから察するに、シミュレーターの名に恥じない相当手応えのあるゲームに仕上がっているようです。

こういうものを待ち望んでいた航空機ゲームのファンも実は多いのではないかと思います。
FPSやシューティングゲーム化した航空機のゲームではなく、シミュレーターとして本格的なゲームって意外になかったと思うのです。

その上第2次世界大戦のリアルな舞台設定。
これでゲームとしてのバランスが良ければ、オンラインがメインじゃなくてもこの手のファンには手放せない一品になると思います。

発売まであとわずかです。とりあえずはファンはおさえておきましょう。

↓航空機ファンはまずはおさえておきたいですね。
蒼の英雄 Birds of Steel / コナミデジタルエンタテインメント

☆2つめのPVです


posted by アイオリア at 00:00| Comment(5) | 蒼の英雄-Birds of Steel- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

揺れる重い、体じゅう感じて【Kinect巨乳World Cup 2012】

キネクトは発売以来正直なところ泣かずとばずといった売行きなのが現実なところです。
そのキネクトの救世主となるべく今回キネクトを使ったワールドカップが開催されるのです。

Kinectはコントローラが不要という“究極”にまで進化させたの存在と言えるものです。
メインは奥行きを認識する赤外線光を利用した3D深度センサであり、RGBカメラ、深度センサー、マルチアレイマイクロフォン、および専用ソフトウェアを動作させるプロセッサを内蔵したセンサーが装備されており、従来は数十万もした機器(3次元TOF/距離画像センサ)が単体で1万5千円と安価に手に入ることから、多方面での研究開発が進んでいました。

その高度なセンサーを活用した英知の結晶であるキネクトを活用し、人類の願望を実現するべく夢のワールドカップが開催されるのです。

そうそれが『Kinect巨乳World Cup 2012』なのです!

Kinect巨乳World Cup 2012

・・・ごめん、少し書いてて空しくなりました。

それはともかく『Kinect巨乳World Cup 2012』の詳細を説明しますと、3月上旬に開催する予定で、「エンジョイ部門」と「カスタマイズ部門」の2部門で巨乳度(どういう度合いかは実は管理人もよくわからない)を競い合う。
「エンジョイ部門」では誰でもを使えるPC用アプリ『Kinect巨乳』を配布し、Kinect巨乳で楽しむ姿を動画で投稿してもらい、演技や芸術性だけなく独創性を競います。
「カスタマイズ部門」はKinect巨乳のプログラムを公開し、「おっぱいエンジニア」達が改造・アレンジで先進性と技術力を競うというもの。

●さすがに巨乳の画像うんぬんもなんですし、巨乳は揺れてこそその真価がわかるということで今回は生け贄・・・じゃなかった360を代表する巨乳対応ソフトとしてドリームクラブZEROからの動画を巨乳の揺れ方の参考例(なんだそれは)として紹介


特にカスタマイズ部門は巨乳に対してのあくなき追求から、高度な技術が惜しまず使われ、人類にとっての新たなる飛躍が期待されます。
あの自然な揺れは、高度な物理演算を駆使したゆまぬ努力によってこそ理想に近づけるというものです。
「おっぱいエンジニア」達のあくなき追求の結晶を是非とも見てみたいものです。

まずは「エンジョイ部門」で配布予定の『Kinect巨乳』ですが、特長として「仮想巨乳」の部分にはちゃんと当たり判定があり、体を揺らしたり、手で触ったりすれば動きに合わせて巨乳も自然に弾みます。
また2人同時装着にも対応しており、互いに巨乳をもみ合う事も可能です。

尚、制作サイドの(株)人間の山根淳氏はこう述べています。
「Kinectの利用法として『着せ替え』などの例はすでにたくさんありますが、本格的に『身体を拡張する』という考え方はまだ少ないように思えます。
巨乳を『手に持つ』のと『自然に体に生える』との感覚の違いは大きく、『男女の体格の差』を疑似体験したり、子供が大人の体格を、大人が子供の体格を体験できるようになったりすると面白いかもしれません。あと、個人的には手島優さんの巨乳をつけたいです」

最後の個人的な事はともかく、体格そのもの差を疑似体験するなんてことはゲームにも応用したら新しいキネクトのゲームの可能性を感じさせます。

尚、山根氏によれば「巨乳とは理由なく本能を揺らすもの」だそうです。
そう巨乳は本能を揺さぶるもの。そう視線がそちらに自然といってしまうのも別にスケベだからとかそういうものではなく、まさに本能が反応すると言えばいいのではないでしょうか。

・・・あの誰か止めてくれない?w
書いててなんかもの凄く偉そうな事を書いているけど、要はリアルな巨乳と見てておもしろい巨乳をキネクトで表現しようという(だけ)のものなんですよね。

たぶん最初こそ楽しいけど(以下主催者側にとっても禁句だと思うので省略)・・・と思うのですね。

でもこういうものに真剣に手を抜かず向き合えるのがHentaiを世界共通語にした日本の凄さだと思います。

またキネクトは東大のロボットにも使われたぐらいで、ゲーム以外にも様々な方向性があると思います。

また、学校の教材(ダンスなど)に使われる話もあるようですし、その拡張性は無限大と言っていいでしょう。
そこらへんを生かせば、このキネクトは360を牽引するほどの周辺機器に化ける可能性があると思います。

でも個人的にはこういう(バカバカしい)ものも大好きです。
変に卑下することなく、大いに盛り上がって欲しいなぁと思いますね。

☆今まで色々な動画を紹介しましたが、間違いなくダントツで低次元ナンバー1です。

posted by アイオリア at 00:00| Comment(2) | Kinect巨乳World Cup 2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

待望のドリキャス最高のアクションゲームがついに登場【ジェットセットラジオ】

ドリキャス最高のアクションゲームといえばジェットセットラジオ(正確にはパワーアップ版のデ・ラ・ジェットセットラジオだけど)がついに登場する!・・・といっても根拠は下記の動画のタイトルと本当に最後に登場するジェットセットラジオのリトルラジオロゴだけなんですけどね。

☆ただ動画のタイトルと最後のロゴのみが今ある情報・・・。


当然ですが、360版に関する情報はセガヨーロッパの開発でライブアーケードであるということ以外になんの情報もありません。

でもかつてどのハードにも移植されたことのない名作中の名作アクションゲームがライブアーケードで蘇るというのに黙っていることはできませんw

●デラジェットセットラジオの方が評価は高いですが、ライブアーケードで出すには十分遊ぶ価値はあります。
ジェットセットラジオ_キャラクター.jpg

まずジェットセットラジオとはどういうゲームかと簡単に説明しますと、架空の都市トーキョートを舞台にして、モーター付きローラースケートを履いた悪ガキどもが街中にグラフィティ、つまり落書きを描いて描いて描きまくるというストリートアクションと銘打ったアクションゲームです。

●トーキョー中が俺たちのキャンパスだ!(画像はドリキャス版です)
ジェットセットラジオ_ペイント.jpg

アクションゲームとしてだけでなくストリート系の音楽とダンスを取り入れた最高にクールでポップなゲームにしあがっています。

その雰囲気を盛り上げるのがジャンクミュージック海賊ラジオ放送「ジェット セット ラジオ 」から流れる音楽とDJの語りで進行するゲームストーリーです。

そしてCGっぽくないマンガ調のグラフィックはオリジナリティも今でも十分にあります。
このように全体的な完成度がとても高い作品なのです。

ゲームのルールは制限時間内にエリア(ステージ)内にあるグラフィティポイント(赤い矢印)全てにスプレー缶でグラフィティを描けばクリア。
時間切れになるか、スタミナがゼロになるとゲームオーバーです。

目的地にどう向かうかはプレイヤーの自由です。
できるだけ早く行くために、道路をいくのはもちろん、公園の中や、屋根の上など自分で行けそうなところを見つけるのが本当におもしろいのです。

●目的地にどういくかわプレイヤーの自由。でもただ単にいくよりトリックを決めながらいくほうが断然かっこいい。
ジェットセットラジオ_ポイント.jpg

ただ単に早く行くだけなら覚えればいいかもしれませんが、そこからさらに上をめざすには、手すりやガードレールの上を滑ったり(グラインド)、ジャンプしてトリックを決めるとボーナス得点をゲットができます。
もちろん組み合わせてコンボになれば、なおさら得点もアップします。
上級者はただクリアするだけでなく、魅せるプレイでクリアできるようになるのが特長です。

でもまずはクリアすることが大事なので、簡単な攻略を書いておきますと
グラフティは基本的に書くのに時間の掛かる大きなグラフィティを優先しましょう。

●大きなグラフィティから先に仕上げよう。
ジェットセットラジオ_地下道ペイント.jpg

これはグラフィティを書けば書くほど、敵からの攻撃が激しくなるので、小さなもの手頃なものから始めるとあとが苦しくなるからです。
もちろんたまに存在する安全地帯にあるものはのぞきますが。

このゲームの敵はトーキョートの治安を守る警察の方々です。
まぁ、いたずらですから最初のうちは警棒を振り回して殴りかかってくる程度ですが、あまりに警察がなめられていると知ったらその本性をあらわします。

●ここまでやりたい放題にされては警察も黙っていません。
ジェットセットラジオ_バスペイント.jpg

最新装備のボウトチンアツジュウ(暴徒鎮圧銃)を装備して乱射してきたり、ジエータイからの戦闘ヘリでミサイルを発射してきたり、主人公も落書きするのにここまで命をかけなければならないのか、また鎮圧する方もさすがに大人げないと思いますがなりふりかまっていられないのでしょうw

とにかく全てにおいてセンスの良さが光ったドリキャスのソフトの中で最も遊びたかったアクションゲームの登場です。
ドリキャス版ではオプション面の少なさが目立ったので、グラフィックの強化だけでなくそこらへんの強化もお願いしたいですね。
あと個人的にはライブアーケードだしオンラインモードは無理につけなくてもいいかなって感じです。

●個性的なキャラクター達
ジェットセットラジオ_登場人物.jpg

期待されながらようやくという感じもありますが、とにもかくにも出るという発表があっただけでも嬉しいです。
まぁ嬉しいからこそ、360版ではなんの情報も無いのにこんな記事書いてしまったんですけどね(*^_^*)

あとは360版の仕上がりがどれほどのものか、続報が楽しみですね。

最後に最高にクールなサウンドから3曲をピックアップ。
オープニングというかジェットセットラジオを象徴すると言っていい曲「Let Mom Sleep」、動画でも流れたただひたすらクールなサウンド「Funky Radio」、ハイセンスなノリのサウンド「Sneakman」。
どれもこのゲームの音楽の良さが、ゲームを遊んでない方でもわかるような名曲ばかりです。

♪Let Mom Sleep


♪Funky Radio


♪Sneakman


↓今でもけっしてそのノリの良さは色あせない名曲揃いのサントラです。
Jet Set Radio [Soundtrack] / ゲーム・ミュージック, Tronto, B.B.Rights, H.Naganuma, R.Jacques, Castle Logical (演奏) (CD - 2000)

☆ドリキャス版のオープニング動画です。
posted by アイオリア at 00:00| Comment(3) | ジェットセットラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。