2012年12月31日

まだだ、まだ終わらんよ!国内で販売台数の違いが決定的差ではないということを教えてやる。【2012年度Xbox360ランキング】

2012年ももう終わろうとしていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
360(特に国内)にとっては予想通りとはいえ、この2012年は試練の年となりました。

一番の影響は表面的にはWiiUに見えますが、実は一番の影響は携帯ゲーム機や携帯電話のブラウザゲームやアプリゲームの躍進があります。

正直言って管理人もアイフォーンのアプリにはかなりはまっていまして下手したら360よりも起動時間が長くなっているのではないかと思うくらいです。
どっぷりはまれるものから、お手軽なものまでとにかく種類が豊富で無料から有料でも85円といった値段で手に入れることができるのですからね(^_^;)
案外ゲーム機のライバルは、この携帯電話のゲームかもしれません。
将来に大画面で十字キーもついた本格的にゲームができる携帯電話が登場するのは簡単に想像がつきます。

うってかわって360は国内ではかなりお寒い状況。

2012年度上半期ゲーム市場規模は昨年対比110.7%の1753.4億円――ハード・ソフト市場とも5年ぶりのプラスに

ファミ通さんでの2012年度上半期(集計期間:2012年3月26日〜9月30日)のデータですが、2012年度上半期推定販売台数、推定累計販売台数ともに他と比較しても悲しい数字が並びます。
200万台すら霞んで見えないような状況です。

2011年はある意味海外の大作ソフトのおこぼれで日本でも発売されたことでそこそこ維持できましたが、2012年は海外大作ソフトも小休止の年といってよく(まぁそんなに短いスパンで大作を出し続けるのは無理ですし)、
国内ソフトもPS3とのマルチとはいえ期待された「ロボティクスノーツ」や満を持しての大作と期待された「バイオハザード6」が期待を裏切る結果に終わってしまったことが大きかったと思います。
これらのソフトが期待以上の出来であれば、大作ソフトが小休止している年だけに国内メーカーが躍進する可能性もあったのですけどねぇ・・・。

ま、気を取り直してランキングへいきましょう!

1位 Halo 4(ヘイロー 4)
全体的なクオリティの高さは2012年に発売されたソフトの中でもダントツ。
一部声優さんが代わったことに対する不満などもありましたが全体的な完成度からみたら些細な点とも言えます。
本作は特にマルチプレイの完成度が高く多くのプレイヤーを虜にしています。
360が北米では売上げNO1を保つことができた原動力になったソフトであることは間違いありません。
国内での販売本数もおそらくバイオハザード6についで2位ですが、これからも販売本数を伸ばすのは間違いないですから全ての面で2012年文句なしに360ナンバー1と言ってよいでしょう。

●マルチプレイの評価が特に高い本年度NO1。でも前作までの良さも一部失われているとの意見も。
halo-4-jungle-from-jacob-stamm.jpg

2位 コールオブデューティ ブラックオプスII
やっぱり強いというのが本音です。海外では発売後24時間で約5億ドル(約406億円)のセールスをワールドワイドで記録したのです。
これは映画や音楽などを合わせた北米エンターテイメント史上の最高記録でなのです!
当然ながらシリーズでは歴代最高額。そして4年連続で前作を上回り、その年のトップに君臨しているのです。
その凄いソフトですが、日本語版の日本語訳はかなりお粗末なようで、「2」でも有名になった日本"誤訳"をまた繰り返しているようですね。

●さすがにお粗末過ぎる日本語訳。無料翻訳ソフトのレベルの翻訳のような感じです。
仮にそれを使ったにしてもそのままという状態なのはどうかと・・・。
コールオブデューティ ブラックオプスII_日本語訳.jpg

3位 バイオハザード6
やはり2012年売上NO1は素直に評価したいです。
でも即死性の高いQTEの存在やシナリオの完成度の低さに不満が集中していたのも事実です。
大作シリーズだけに求めるものも大きかったのだと思いますがそれに答えきることのできない格好となりました。
ラクーンシティからこの6に至るまでに残念ながらバイオハザードとしてのブランド力は衰退の一途を辿っているといって過言ではないでしょう。
完成度さえ高ければ海外の大作FPSなどとも張り合えるほどの知名度をもっていただけに残念でなりません。

●グラフィックのレベルは高かった。しかしグラフィック以外の不満点が多すぎました。
BIOHAZARD 6.jpg

4位 お姉チャンバラZ〜カグラ〜
4位は少し迷いました。売上げ本数からいけば「アーマード・コアV」がわずかに上なのですが元々の期待値は
「アーマード・コアV」がはるかに上だったのでそれと比較すれば『お姉チャンバラZ〜カグラ〜』は健闘したといえるでしょう。
でもその完成度はお世辞にも高いとは言い難く、海外の高レベルのソフトからみるとはっきり言って「雑」といってもいいものです。
バグやフリーズも満載でやりこみ要素も低く悪い点ばかりが目立ちますが、確実な長所としてあげられるのは爽快感です。
初心者は初心者なりに上級者はより高度なコンボをめざすなど幅ひろい層で爽快感を得るように作られているのが特長です。
ストレスばかりがたまるゲームが多い中、この点は評価していいと思います。
あと360オンリーというのもやっぱりポイントですね。

●前回は咲の悩殺ショット(死語)だったので今回は姉のものを。見とれていると脳天を唐竹割りされますが最後にみる光景としては満足できるものかとw
お姉チャンバラZ〜カグラ〜_彩D.jpg

5位 ルートダブル-Before Crime・After Days- 
わかっているんですよ。他にもこの順位に相応しいソフトが沢山あることが。
でもあえてこのソフトを押させて下さい。
たしかに売れた本数こそ低めですが、それはジャンル的なものもあるので「ロボティクスノーツ」よりも上回っているということで納得していただけるとありがたいです。
アドベンチャーでありながら緊迫感のある展開と、なおかつ大抵のアドベンチャーゲームならばなんとなく先がよめる展開になるのですが全く先の読めない展開が折り重なって至高のサスペンスといっていい完成度でした。
そしてこの時期にこれほどのソフトが360オンリーで出てくれたのはありがたいです。
もっと売れてもいいと思うのですが、アクションやシューティングなどのジャンルと比較するとどうしても幅広く受け入れられることがないのが残念ですね。

●シナリオ・ボリュームともに満足のいく久々のアドベンチャーゲームでした。
ルートダブル_仲間.jpg

以上が2012年度Xbox360ランキングでしたがいかがでしたでしょうか。
正直言って、1位は確定でそれ以外はどんぐりのなんとやらといったところです。
2013年は360に飛躍の可能性は残されているのでしょうか。
すでにわかっている注目ソフトとしては『Gears of War: Judgment(ギアーズ オブ ウォー: ジャッジメント)』や国内では『STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム』となるところですが、どちらもそれほどインパクトはないですね。
個人的には『地球防衛軍4』を押したいところですが国内ではもはや360オンリーは望めないところが現実です。

●やはり2013年わかっているなかで期待したいのは『地球防衛軍4』。
地球防衛軍4.jpg

それにしてもはっきりいって腹立たしいのが『日本マイクロソフト』の不甲斐なさです。
アメリカ本社に追随するような宣伝方式ではなく、日本独自に大々的に宣伝してテコ入れを図るべきだったのです。
それを怠ったことで今に至るのはむしろ当然です。

マイクロソフト「Xbox 360」のファンサイト消滅 これからは「個々人で応援するしかない」

そしてこんな草の根の活動にまで経費を惜しむ始末。
まぁ、360と名をうちながら、実際は他ハードのブログというのもかなり目立ってきたので潮時と言えば潮時と言えなくもないですが、私に言わせればあんな豪華なビルでのほほんと仕事をする金があったらこっちに少しでもまわせばいいのに!と思わず声を荒げてしまいそうになるほどです。

アプリやバリューパック程度じゃもう振り向かせることができないのはわかりきっていること。
そんな小手先じゃなく『日本マイクロソフト』がすべきことは今まであまり許可してこなかった「MMO」タイプのゲームや課金目的のゲームを積極的に許可する事。
もはやなりふりかまっている状況ではなくなってきています。

2013年は新ハードの噂も出ていますが、日本の360にとってはまさに正念場と言っていい年だと思います。
ここではっきりとした手を打てないと命脈がつきると言っても過言ではないと思うのです。
このブログでは何度も言ってきていますが、いい加減本気で重い腰を上げて欲しいものです。
お願いしますよ『日本マイクロソフト』さん。

最後になりましたが、2012年はこんな更新頻度も低く途中休止までした不甲斐ないブログでしたが、沢山の方々に見ていただき深く感謝しています。
2013年におきましては、360の善し悪しに関係なく皆様に幸多き年であることを祈念いたしまして結びの言葉とさせていただきます。

posted by アイオリア at 23:59| Comment(6) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

わが韓国は世界いちぃぃぃ ニダ。

まずこのタイトルを見て不快感をもった日本人の方ごめんなさい。
そして満足感をもった韓国人の方、ごめんなさい。
この記事は韓国を賞賛するものでも非難するものでもありません。
いち日本人の管理人が最近韓国でいろいろ取り上げてられている「韓国起源説」というものに興味があったのでとりあえずまとめてみたというだけのものです。
ちなみにタイトルはジョジョのシュトロハイムのセリフのパクリです。

まずはこれまでに提唱された韓国起源とされるものを、ネットで私が調べられただけですが上げたいと思います。
もっとも(らしい?)説明があるものもあれば、どうみてもでまかせとしか思えないものまで多種多様ですが取りあえずそれは置いておいて、ピックアップしました。

天皇は韓国が起源・・・天皇の祖は韓国人であり、君が代は「”キム家の世の中”という意味」
日本人は韓国が起源・・・日本人は古代朝鮮半島の渡来人
日本は韓国が起源・・・韓国の古代王朝である百済が日本を建国した
イギリス人は韓国が起源・・・イギリス人は朝鮮民族の子孫
漢字は韓国が起源・・・漢字は朝鮮民族が発明した
日本庭園は韓国が起源・・・朝鮮半島・百済宮殿の苑池が起源
カメラ付きケータイは韓国が起源・・・韓国が世界で初めて開発した
長崎ちゃんぽんは韓国が起源・・・韓国・仁川地方の独特な食べ物
寿司は韓国が起源・・・韓国は数千年前から寿司と刺身を食べている
剣道は韓国が起源・・・韓国にはコムドという剣道と似たスポーツが古くからある
アステカ文明は韓国が起源・・・朝鮮民族がアステカ文明のもとを作った
熊本城は韓国が起源・・・朝鮮半島の人の築城技術で建設
サッカーは韓国が起源・・・西暦600年代キム将軍がサッカーをした
和牛は韓国が起源・・・弥生時代に朝鮮半島から持ち込まれた牛
田沢湖は韓国が起源・・・韓国人が掘った人工湖
切腹は韓国が起源・・・戦う男サウラビの切腹が日本に伝わった
忍者は韓国が起源・・・韓国忍術スルサが日本に伝わった
ピザは韓国が起源・・・マルコポーロはピザを盗んだ泥棒だった
武士道は韓国が起源・・・高句麗の士武郎(サムラン)が起源
九州は韓国が起源・・・朝鮮半島の人々が九州を統治した過去がある
飛行機は韓国が起源・・・ライト兄弟より400年前、朝鮮には『飛車』という飛行機があった
WiMAXは韓国が起源・・・モバイルWiMAXは韓国が最初に開発した
ビートたけしは韓国系文化人・・・たけしには韓国の血が流れている

他にもまだまだありますけど、とりあえずこの辺で勘弁して下さい。
これがすべて本当ならまさに「わが韓国は世界いちぃぃぃ」というところですが、本当かどうかは正直なところ「わかりません」。
本来ならばそれらの大半の証拠はあったのですが、「日韓併合時代」や「文禄・慶長の役の際」に日本が朝鮮半島の文化・文化財をことごとく抹殺・略奪したから今も残っていないということで、同時に日本の野蛮性を批判することができるという実に都合のいい、もといしっかりとした理由で証拠が残っていないのです。

でもしっかりとした説明があるものもあるので、全部は無理ですが一部を取り上げたいと思います。

●天皇は韓国が起源

韓国大学総長が「君が代は “キム家の世の中” という意味」と主張 / 大学総長「天皇はもともと韓国人のキム氏」

簡単にまとめると、日本語では相手を指す言葉で「君(キミ)」と言うのですが、これは「金(キム)」が変わってなった言葉で、その九州に「金(キム)」氏「狗耶国(クヤグク)」という「金(キム)」氏が王の国を作りました。
その後このクヤグクが日本の覇者となり、天皇の姓が金海金氏となったのです。
そうなのです・日本の国歌『君が代』は「王様(天皇)の世の中」という意味なのですが、キム氏が日本の覇者であり天皇の姓の元祖なので、本来は「キム家(君)の世の中」という歌なのです。

私達は国歌斉唱のときに「キムさんの世の中は〜」と歌っていたのですねぇ。
正直国家の意味はよくわからず歌っていましたが、そういうことだったのですか。
韓国大学のトップの説明だけに説得力ありますねぇ(いい子は本気にしないように(^^;))。

●飛行機は韓国が起源
朝鮮日報(韓国語)

韓国語の記事ですいませんが、グーグル翻訳でもまともに読めるので読んでみて下さい。
ライト兄弟の飛行機『ライトフライヤー』ができるより400年も前に朝鮮には「飛車」と呼ばれる飛行機が存在したというとなのです。
国の城主をそれを使って救出したとの記録がありますが、17キロ!という驚異的な航続距離で4人乗りという驚くべき性能でした。
日本では室町時代で戦国の足音が近づいているような時です。
そんな時代にこれほどのものが存在したとは驚異的です。

ただ記事には2分の1サイズのものを再現したとありますが、実際に飛行したのか、なぜ2分の1にしたのかは不明です。

●剣道は韓国が起源

韓国が起源主張の剣道 全日本剣道連盟が日・英語で見解公表

韓国にあるコムドという剣道と似たスポーツが存在しているのですが、漢字も同じ『剣道』を当てるのでそれが起源であるという主張です。

でも、道具などに共通性が見られるのは剣道が日本統治時代に伝わり定着したからというのが一般的ですし、日本の軍人もよく剣道をたしなんでいましたから、それが韓国で定着しコムドも剣道の影響を受けそれと似たスタイルになったと考えるのが自然だと思います。

どちらが先だとか起源だとかはあまり意味のないことかも知れませんね。

他の説の根拠も上げたいところですが、この辺で大目に見て下さい。
この韓国起源説も大手のマスメディアで取り上げられるものから、ガセネタに近いものまでピンキリです。
しかし共通しているのは基本的に日本をターゲットにしている事。
でもここまでくるとさすがに大人げないと思っている人も韓国人の方にもいるはず。
でもそういう風潮に歯止めをかけずに逆に煽ってしまった方がいるんですよね。

●大統領が言うべき言葉ではないですし、後で弁解してもどうにもなりませんね。
韓国 元凶.jpeg

その結果はお互いに損するだけのものでした。

明洞通りが閑古鳥、日本人観光客激減で旅行・商店街に危機感

この流れを韓国初の女性大統領である朴氏がいい方向に変えてくれるといいんですけどね。

今後の流れがよくなることを期待したいですね。
posted by アイオリア at 00:00| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

こんな静かな夜は、いい音楽を一人で聴いていたい。

もうすぐ暮れも近くなり、クリスマスで賑やかな喧騒を離れ一人で静かに過ごしたい。
あなたにはそんな事は無縁かもしれませんし、そんな時もあるかもしれません。
でももしそんな時気分になったら聴きたい音楽というのもあります。

そんな時にこそおすすめなのがiosアプリの音楽プレイヤー『cear music player』です。

気分を重視したのは、もし賑やかなサウンドが好みならば以前紹介した『StagePass』で十分ですし事たります。
『StagePass』の音響効果を駆使した臨場感溢れるサウンドは同じ音楽を別次元に誘ってくれます。
55以上の会場から自分好みの会場を見つけだせればまさに自分だけのホールが出来上がります。
ただあえて欠点を上げるならば、いろんなジャンルの曲を聴くとどの曲にも対応できるわけではないということです。
例えばヘヴィメタルを聴くと音割れがヒドイなどというものです。
でもその音割れも含めて会場の雰囲気を再現しているとも言えなくもないですが。
もちろんジャンル毎に会場を変えれば良いのですが、それって結構面倒ですよね。

その点『cear music player』はその目的が「ヘッドフォンやイヤフォンで聴いて疲れない音」を目指しているので大きく違います。

最新の音響信号処理技術「cear」を搭載していて、ユーザーが一番心地良くなれる音響空間である
『まるでスピーカーの前で音楽を聴いているような環境』でじっくりと音楽を楽しむことができます。

管理人も聴いてみて、まぁスピーカーの前とまではいかないものの低音がまとまっていて、かつ高音がなんというか「ひきしまった音に」なっていてより聴きやすくなっています。

ヘッドフォンの種類やスピーカーの距離なども選べますが、管理人がおすすめなのはヘッドフォンの種類はご使用のものにあわせてもらうとして、距離は「Very Far」がおすすめです。
極端に差があるわけではないのですが、音の延びが気に入っています。

●この設定がオススメ。ヘッドフォンは自分のタイプに合わせて下さい。
cear_veryfar.jpg

でも一部のレビューでは「あまり音の変化を感じられない」というのもありました。
確かにそういう部分もありますね。
でもこのアプリは音響効果そのものより、音楽の聴きやすさにこだわって作られています。
ですので『StagePass』ので聴くのがきつい曲でも安定して聴けます。
逆に『StagePass』ほど劇的な音響効果はありません。
なんというか料理に例えるならば、『StagePass』が大胆な味付け、『cear music player』が隠し味といった感じです。

●基本的に純正と同じ操作方法なので使いやすいです。でもこのアルバムアートワークがない場合の表示が不評だとかw
cear_album.jpg

どちらが良いかははっきりいって好みによるでしょう。
でもこのアプリ、定価は250円なので『StagePass』に比べて高く、このままではオススメできませんがクリスマスキャンペーンということで12月26日まで85円なのです。

●アップデートで歌詞表示機能もつきました。まだまだ改良の余地のあるアプリではありますが逆を言えばアップデートが楽しみなアプリであるともいえます。
cear_歌詞表示.jpg

この価格なら試して見る価値はありますよね。
dl_appstore.png

まぁそしてせっかくなので、この聖夜の夜にあうゲームの曲ということで厳選して(というかそんなにこの雰囲気に合う曲知らない(^^;))2曲を選びました。
これで聞き比べてみるのもいいかもしれません。

♪HYMNUS・・・イムヌス【(ラテン)hymnus】とは神を賛美する歌という意味です。
「悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair」のメニュー画面の曲ですが、意味を知ると奥深い曲ですねぇ。
今日みたいな聖夜の雰囲気にぴったりの曲ですが、悪魔城ドラキュラという意味でもものすごく当てはまってしまうような神秘的な雰囲気を醸し出す曲です。


↓コナミ直営サイトへのリンクです。
悪魔城.jpeg

♪One Of A Kind・・・ベヨネッタでのプロローグ戦でのBGMですが、それだけとして終わらすのはもったいないくらいいい曲なので今回取り上げました。
聖夜の夜にというより、この時期歌われることの多い、ベートーベンの第九に雰囲気が近いかな。
サウンドトラックの曲もレベルが高いものばかりでしたし、2にも期待したいですね。


↓2の音楽も期待大です。
BAYONETTA ORIGINAL SOUNDTRACK [Box set] / ゲーム・ミュージック (CD - 2009)

それではまだまだ寒い日々が続きますので、ご自愛下さい。
posted by アイオリア at 00:00| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。