2012年12月02日

そのゲーム史上最大容量につき。でも移植実現!【Pier Solar HD】

そうタイトル通り史上最大容量のゲームがなんとライブアーケードに移植されます。

そのゲームはWaterMelon社の『Pier Solar HD』です。
WaterMelon社クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で有志からの資金を募っていて、すでに日本語版やディレクターズカット版が確定しています。
Kickstarterでは12月5日まで資金提供が行われていて、15ドル以上支援するとリリース時にXbox 360版のデジタルコピーがプレゼントされます。


Kickstarter


そして『Pier Solar HD』某ハードの限界とも呼べる大容量を誇ります。
そのハードとは「メガドライブ」!

●不滅のハード!その名も「メガドライブ」。
メガドライブ.jpg

そのメガドライブでも前人未踏といえる64メガバイトという大容量のカードリッジを実現したのです。
全盛期でも40メガバイトまでしか確認されていませんが、それを遙かに上回るのです。
それを実現するために年数がかかったのか、発売されたのはごく最近といっていい2010年12月。
え?ハードはとっくに終わっているんじゃないかって?
なにをおっしゃいますか。メガドライブは不滅なのですよ。

でも悲しきかな、そのメガドライブを支えているのは発祥の日本人ではなくて、海外の有志の方々だったのです。
その証拠にこのソフトはアイオワ州でWaterMelonという開発チームを立ち上げたものの、実際は多くのボランティアの方々に助けられてここまで来たそうです。
そして発売されたソフトも初期生産予定分は予約完売、第2発注のカートリッジもわずか12日で完売という残念ながら日本では考えられない速さで完売してしまったのです。
もちろんソフトの完成度もあるでしょうが、ハードの生産が完全に終わったメガドライブで日本で同じ事をやってもここまで売れるとは思えません。
というか普通やろうとしないですねw

●中身はJPRGの色濃いRPG。
Pier Solar HD_住居.png

少しショックなのは、新しいゲームに対しての意欲だけでなく、レトロゲームに対してでも海外のゲーマーと差がつき始めているなぁという事です。
ある意味マニアックといえる部分は日本のお家芸みたいな部分でもあったのですが、そんなところでも日本が圧されているなぁと感じてしまい、昔からの1ゲーマーとしては少し寂しい感じがします。

それはともかく簡単にゲーム内容をまとめるとHoston,Alina,Eddosotの3人の仲間達が「究極のハーブ」を探して旅に出るという作品。

●仲閧ニともに長い旅へ。
Pier Solar HD_町.png

そしてメガドライブでは実現し得なかった壮大なボリュームと水増しではないしっかりとしたストーリーなどかつてのJRPGのような完成度は大手サイトさんのIGNでも高評価を得ており、初回予約完売したのを裏付けるものでもあります。

●ボス戦も楽しめます。
Pier Solar HD_ボス戦.jpg

まだまだ興味は尽きないのでWaterMelon社のプロデューサーのFonzie氏の発言から気になる点をピックアップしましょう(要約です)。

◇すでにそのライフサイクルを終えて十年以上すぎたメガドライブでのオリジナルRPGを作ろうとしたのはなぜですか?
Fonzie氏:これはセガの20周年を祝うためでした。
もちろんメガドライブの一人の大ファンとして、このメガドライブでゲームを作りたかったからです。
そしてこれが最後ではありません! 今後もセガメガドライブのゲームを2013年8月にリリースする予定です。
そうですメガドライブまだは死んでいないのです!。

◇このゲームにおいてインスピレーションを得たゲームはあったのでしょうか。
Fonzie氏:ファンタシースター 、 グランディア 、 ドラゴンクエストやクロノトリガー などなど、これらはこのゲームの開発に大きな影響を与えました。
もちろん私達オリジナルの開発スタイルがあり、これらの影響を否定することはありませんが、基本コンセプトとして私達は個性ある宇宙を舞台としたゲームを作りたかったのです。

●やっぱりそこそこの広さの迷宮はJRPGにはお約束ですよね。
Pier Solar HD_迷宮.png

◇このゲームはPSPやPSN(Vita/PS3)で発売する可能性はありますか?
Fonzie氏:非常に高い需要がある場合を除いて、 ソニーのプラットフォームを使用する予定はありません。

◇16ビットのグラフィックスでゲームをプレイすると、沸き起こる懐かしさの感情がこのゲームの魅力のひとつですが、その懐かしさのいくつかはこの移植で失われることはあるのでしょうか。
Fonzie氏:私はそれが全く失われていないようにしています。
私は次世代機でもレトロな魅力を十分に味わえるようつとめています。
もちろん、そうなるとレトロなデバイスであるメガドライブを使用しなくてもよくなるという事実は、少し悲しいですが。

●HD化でグラフィックはご覧のようにはっきりと差がでています。
Pier Solar HD_HD化2.png

簡単に要約してまとめましたが、Fonzieのメガドライブ愛、そしてレトロゲーム愛が伝わってきますね。

そして『』Pier Solar HD』をメガドライブでの発売を実現するためにとった手段がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金を募るというものでした。
当初の目標金額として設定されていた139,000ドル。
これは難なく達成してさらに日本語化のために目標が145,000ドルになりました。
そしてこれも達成し、次はドリームキャスト版の追加機能がサポートされる15万ドル(約1230万円)の大台も突破。
さらにディレクターズカット版が追加される16万ドル、Android/OUYA/Wii U版が発売される17万5千ドル(約1450万円)も突破(12月1日現在)しています。
今回の360版の発表ではずみがつきそうですので、まだまだいけると思います。

●まだまだいけるはず。次は続編を360で発売だ!?
Pier Solar HD_目標金額.png

50時間を超えるプレイボリューム、300を超えるロケーションが用意され、さらに2〜4人で楽しめるミニゲームや,10種類以上のサイドクエストまであるということでメガドライブと侮ってはいけませんよ。

●メガドライブの最大容量を甘くみてはいけません。なんと64メガですよ。メガっ!。
Pier Solar HD_森.png

骨太のJRPGを求めているあなたにはピッタリなのではないでしょうか。
海外にも熱心なメガドライブファンいるのと同じくJRPGのファンもいます。
そんな人達が作ったゲームですから、中途半端なものに仕上がってはいないはずです。

●グラフィックも見やすくなってレトロゲームに抵抗感がある人もすんなり楽しめるはず。
Pier Solar HD_HD化.png

完成度の高いJRPGを海外に期待するというのも変な話ですが、現実次世代機の日本のゲームメーカーでRPGに手をだせるメーカーはほぼないですからねぇ。
メガドライブのファンとしては嬉しい反面、複雑な部分も否定できないですが、なにはともあれメガドライブの大作RPGが遊べるということで大いに期待したいですね。

☆ドリームキャスト版のPVですが、HDへの変化は感じ取れるはずです。

posted by アイオリア at 00:00| Comment(2) | Pier Solar HD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何スか?これ?
古き良き時代のRPGって感じですよね!
こーゆーレトロな感じのやつ、偶にやりたくなったり・・・
WiiU版出るんですか?
Posted by Danbee at 2012年12月02日 09:15
口では一本道だから物足りないとかいいつつもJPRGの親切な設計やストーリー重視の部分なんかはやっぱり忘れられないですよね。

最近はそういうのめっきり減りましたから・・・。

なんでもかんでもオープンワールドがいいとは限らないと思うのです。

それはともかくWiiU版はあと2万5千ドルの寄付で発売されますよ。

360版の発売日がきまればそれくらいすぐにいくと思うのでそれを待つのも手かもしれませんね。
Posted by 雨のち晴れ at 2012年12月03日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。