2011年06月30日

神の力で我が民を導け!【From Dust】

マイクロソフトが今年も「Summer of Arcadeキャンペーン」を実施するそうです。
まだ国内ではなんのアナウンスもないんですけどね(>_<)
海外では7月20日からスタートするようです。
1本目は、前作である『Toy Soldiers』がかなりの評価だったジオラマを題材にしたアクションストラテジー続編で今度は冷戦時代へ舞台を移した『Toy Soldiers: Cold War』
2本目は、奇妙な生物たちが生息するシャドウプラネットを舞台にした2Dアクションアドベンチャー『Insanely Twisted Shadow Planet』、
3本目は、iPhone向けにリリースされている『Fruit Ninja』の移植で、飛んでくるフルーツを忍者になって叩き斬るKinectを使ったタイトル『Fruit Ninja Kinect』。
4本目は、世界を粉々にした災禍Calamityの謎を解くために冒険を繰り広げる手書き風イラストのアクションRPG『Bastion』、
そして5本目はといきたいところなのですが、日本語での紹介ページがしっかりあるのはここまでなのです。
リンクは貼りませんが、興味のある方は検索サイトで検索して下さい。
一応日本語の公式紹介ページがあります。
でも5本目である今回特集する『From Dust』の日本語の公式紹介ページだけがないのです!
皆さんいやな予感しませんか?
そう、私なんかあの「Torchlight」の事件を真っ先に思い出してしまいました。
でも5本の内4本も決まっていれば十分と考えて居る方もいるかもしれません。
でも Game Critics Awards: Best of E3 のベストオブストラテジーとして評されたとしたら俄然興味が沸いてきませんか?

Game Critics Awards: Best of E3


このリンク先にある、「フォルツァ4」などの大作ソフトと堂々と肩を並べて評価されているほどのソフトです。
それもダウンロードソフトの中での評価ではなく、パッケージソフトととも比較してストラテジー部門賞を頂いているのです。
まさにこれほどのソフトが日本で発売されずになんとする!といった感じです。

●もちろんグラフィックもパッケージソフトと方を並べられるくらいじゃないとここまで評価されません。
From Dust_01.jpg

その期待のソフトの内容を紹介します。
この『From Dust』は大まかに言えば、プレイヤーが神となって神の力で操り、部族の人々を導いていくゲームです。
こう書くと名作『ポピュラス』の新作のようにも見えますが、内容も少し違いますし、制作者もポピュラスとは全く関係ありません。
プレーヤーはまず最初は、小さな島の小さな部族を治めています。

●神の目からみればあまりにもかよわい存在の部族を困難から守れ。
From Dust_旅.jpg

この部族は『ポピュラス』のようにどんどん進化するような事はなく、基本的にで原始的なままなのです。
このゲームの目的はそんな彼らをプレーヤーは、世界を操ることで、彼らが世界中に広がっていいえるように手助けをする事なのです。
彼らはプレイヤーの導きを受けて、自らも周辺を探索し、住む場所を見つけ繁殖していきます。

●独特な雰囲気の部族の住居
From Dust_住居.jpg

神としてのプレーヤーも住みやすいように、木々を植えたり、水路を作ったりすることで生活を手助けすることができますし、力があれば地形を変化させたり、火山を作ったりすることもできます。
このようにプレイヤーは神として部族に関わるのではなく、天命を授けて彼らがその通りに行動するよう影響を与える事だけなのです。

●あくまでも天命授けるのみ、部族は普通の人間がそうであるように自分の力で意志で必死に生きようとします。
From Dust_03.jpg

誰かに天命を授けると、その人物が目的地に行く道筋が表示されます。
その道筋が緑色なら問題はないのですが、赤く表示された場合はプレイヤーが先ほど述べた神の力で障害を取り除いてあげなければなりません。

●目的地まで部族を導こう
From Dust_目的地.jpg

例えば急な川があって部族達が渡りきれなくなって、最悪の場合は溺れ死んでしまうことにもなります。
川のどの部分を塞き止めればプレイヤーの思うように川が流れていくかとか、どう道を示せば部族達が時間内に手際よく通過できるかといったこともよく考えなければなりません。
ストラテジーというだけでなくパズルゲームの要素も高いです。

●神の力で道を切り開け!
From Dust_神の力.jpg

このように地道にしもべである部族の障害を取り除いていけば報酬がもらえてより強い力を使いこなせるようになります。
ゲームの進行そのものは早くはなく地道な作業を必要とするゲームのようですが、その分自らの民を導くのに成功した時の達成感はかなりあります。

このように内容は『ポピュラス』ファンの方にはたまらない作品ですが、一般受けするかといえばそうではなくファン層は偏っているのは否めないでしょう。
でもこういう作品は360では全くでていないだけでも出す意味があることはもちろんのこと、360は基本的に年齢層が高いのでポピュラス経験者も多いでしょうし、そうでなくてもこういう戦略性の高いゲームを受け入れる余地は他のハードに比べて高いと思います(「Defense Grid: The Awakening」が多くの人に遊ばれたのもその証明だと思います)。

ですので、ぜひとも日本でも発売して欲しいですね。
そうなれば国内で「Summer of Arcadeキャンペーン」やったとしても筆頭ソフトとして宣伝しても問題ないと思いますし、十分に売れると思います。

今度こそはマイクロソフトジャパンの英断に期待したいですね。

☆最新版の動画です。


posted by アイオリア at 00:00| Comment(0) | From Dust | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。