2011年08月25日

世界で唯一!NBA公認バスケットゲームが登場!【NBA2K12】

Take-Two Interactive Japanより、世界で唯一のNBAオフィシャルのゲームソフトである『NBA2K12』が10月20日に発売する。価格は6,090円です。

『NBA2K12』公式サイト

この『NBA2K12』は、米国のプロバスケットボールリーグであるNBAをモチーフにした2K Sportsの中でも特に人気の高いシリーズです。
やはりウリは世界で唯一のNBA公認ソフトであるという点なのですが、他にも実は公認ソフトはあった(過去形)のです。
そうです、もともとElectronic Artsさんから発売され360でも出ていた「NBA LIVE」シリーズです。
360でも「NBA LIVE 10」が発売されていましたが、11は制作中止になったそうです。
それもそのはずで、EAは「NBA LIVE 10」を最後にライセンスの更新を終了していたのです!
つまりバスケットボールゲームでは良きライバルとして存在していた「NBA LIVE」シリーズは事実上、撤退したといってもいいでしょう。
現在は「NBA2K」シリーズのみが唯一のNBA公認のバスケットボールゲームとなっています。

おそらく今後もNBA公認と呼べるゲームはこのシリーズのみになるでしょう。
ライバルがいて切磋琢磨する環境の方がいいとも言えますが、こうなった以上はバスケゲームファンの期待を一心に背負いその期待を裏切ってはいけないと思います。

●ファンの期待を一身に背負った唯一のNBA公認バスケットボールゲーム
NBA2K12_試合.jpg

出来の悪いスポーツゲームにありがちな、ただデータを更新するだけで他は毛が生えたような新作では絶対に納得してくれません。

本作の目玉は今回からの新モードである、「NBAグレイテストモード」です。
登場選手は下記の通りです。

・マイケル・ジョーダン
・マジック・ジョンソン
・ラリー・バード
・ジュリアス・アービング
・カリーム・アブドゥル=ジャバー
・ウィルト・チェンバレン
・アキーム・オラジュワン
・オスカー・ロバートソン
・アイザイア・トーマス
・カール・マローン
・ビル・ラッセル
・スコッティ・ピッペン
・パトリック・ユーイング
・ジェリー・ウエスト
・ジョン・ストックトン

●マイケル・ジョーダン・・・得点王10回、年間最多得点11回、平均得点は30.12点でNBA歴代1位、通算得点は32,292点で歴代3位。1990年代にシカゴ・ブルズを6度の優勝に導き、5度の年間MVP、6度のNBAファイナルMVP受賞。でも彼のすごさはこんな数字だけではないです。
もっとも凄いのはプレイオフやブザーがなる瞬間などの緊迫した場面での勝負強さ。
どんなにテクをもってたとしてもこういう場面では弱い人間の方が多いはず。
またダンクやレイアップなどの多彩なオフェンステクニックを持っていて点を叩き出したのはもちろんのこと、ディフェンス能力も非常に高く、全てにおいて高い実力を兼ね備えているからこそのスーパースターと呼ばれる由縁だと言えます。
NBA2K12_マイケル・ジョーダン.jpg

☆ジョーダンのスーパープレイ集です。ギリギリの部分でチームに勝ちをもたらすことができるのがスーパースターの凄さなんですねぇ


バスケファンはもちろんのこと、NBAをすこしかじっただけ(管理人のようなw)のファンでもわかる大スターが目白押しです。

●カリーム・アブドゥル=ジャバー・・・1970年代から80年代のにかけて北米のプロバスケットボールリーグNBAの第一線でプレーし続けた伝説的センタープレイヤー。彼の代名詞と言えるのがスカイフックというシュートで、ブロッカーのアーチ状の軌道から頭上を越えてシュートですが、アブドゥル=ジャバーはこれを左右両方の手で打つことが出来た上にそのスカイフックを相当な遠距離からも楽々と決めることができた。しかもこれほどのシュートをパスをもらって振り向きざまに決めることもできたので、彼のフィールドゴールの成功率は非常に高かった。
これを真似しようと試みた者は多くいたが、未だになし得た者はいないので、未だにスカイフックの唯一の習得者と言われている。
NBA2K12_カリーム・アブドゥル=ジャバー.jpg

ジョーダンと死闘をくり広げたマジック・ジョンソンやラリー・バード、アイザイア・トーマス、パトリック・ユーイング、カール・マローン&ジョン・ストックトンのコンビ、アキーム・オラジュワンなど、ジョーダンとキャリアを共にした同時代の選手達。

●マジック・ジョンソン・・・NBAでは、1980年代にロサンゼルス・レイカーズを5度のタイトル(1980年、1982年、1985年、1987年、1988年)に導いた。彼を歴代最高のポイントガードと評する者も多い。1991年にはHIV感染を理由に突如引退表明し、各界に衝撃を与えた。1996年にNBA50周年を記念した「歴代の偉大な50人の選手」に選ばれた。2002年に殿堂入り。
NBA2K12_マジック・ジョンソン.jpg

そして“ドクターJ”ことジュリアス・アービング、カリーム・アブドゥル=ジャバー、ウィルト・チェンバレン、ビル・ラッセル、オスカー・ロバートソン、ジェリー・ウェストといったジョーダン世代以外でも輝かしい往年のスーパースターも登場。

●ジュリアス・アービング・・・バスケットボール界の伝説的プレーヤーで「ダンクを芸術にした男」とまで評される名プレーヤー。
NBA2K12_ジュリアス・アービング.jpg

●ウィルト・チェンバレン・・・身長が高くフィジカルもありさらに運動能力にも恵まれていることから、ゴール下で他の選手を圧倒した。それは新人から7年連続の得点王や5度のリバウンド王を獲得するなど、いかにインサイドでの支配力凄まじかったかを物語っている。しかし特に凄いのが67-68シーズンに獲得したアシスト王である。これはセンター選手がアシスト王を獲得したNBA史上唯一の出来事なのです。
NBA2K12_ウィルト・チェンバレン.jpg

他にも紹介したい選手が山ほどいるのですが、この辺でご容赦をw

これらのNBA史に残るレジェンド級の選手達でプレイして、その伝説的な名試合を再現したり、体験できるというものです。
これはNBAファンならずとも、見てみたいと思うでしょう。
もちろんショぼいグラフィックだと選手ではなくて、選手を真似たゲームのキャラが動いているだけにしか思えないでしょうが、ここまでリアルな選手達が再現されているとまさにあの名試合を自分の手で再現しているという感動に出会えると思います。

もちろん前作でも好評だった「ジョーダン・チャレンジ」モードも搭載。
これはプレイヤーがジョーダンとなってその偉大さを体験できるモードです。
パワーアップしていると思われますが、詳細は明らかになっていません。
前作ではジョーダンの輝かしいキャリアの中から厳然された10の偉業を再現することができました。
おもしろい要素として一定の条件をクリアすることでジョーダンブランドのシューズがもらえました。
全40種類のシューズがあってそれぞれプレイヤーの能力を伸ばす特殊能力が組み込まれていました。
本作ではその偉業の種類やシューズの種類などどこまでパワーアップしているか楽しみですね。

アメリカの3大スポーツといえばベースボール(MLB)、アメリカンフットボール(NFL)、バスケットボール(NBA)。
日本人選手の目立つメジャーリーグに比較すればNBAも日本ではそれほど知名度は高くないのは事実です。
でも1時期は確実にメジャーリーグと同等ももしくはそれ以上に日本でも人気があった時がありました。
ジョーダンのようなスーパースターがでることはもとより、日本からもこの前引退を表明した中国の姚明選手のような国を挙げて盛り上げてくれるような選手が出てくれるとまた人気がでてくると思いますがどうでしょうかねぇ。

ともかくアメリカでは依然として高い人気を誇るNBA公認のソフトが日本でも発売されます。
今、NBAが好きな方はもとより、かつて(特にジョーダン時代)NBAのファンだった方も購入を検討してもいいのではないかと思います。

NBA 2K12 / テイクツー・インタラクティブ・ジャパン

☆海外版ですが最新PVです。
posted by アイオリア at 00:00| Comment(2) | NBA2K12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。