2012年08月27日

すっぱり無料だ!30人で戦っても大丈夫!【Happy Wars】

なんかの物置の宣伝フレーズのような始まりですが、そんなことはともかくまずは延期とかいいながらすぐに記事を書いてしまうということをお許し下さい。

とはいいつつもなにはともあれ書きたくなるほどの衝動を起こさせるようなゲームが久々に登場したからです。
まだブログの整理のほうはほとんど進んでいないんですけどね、これが(^^;)
それはともかく今回の特集は『Happy Wars』です。

「Happy Wars」公式サイト

このゲームって以前特集しているし、それなのになぜ今書きたくなるほどなったかというとそれは国産のライブアーケードゲームでは初といっていい、すっぱり(すぱっと快くという意味)「無料」という配信形態をとったからです。

●前回の記事でもかなりおもしろそうな印象でしたが、無料と聞いては黙ってはいられません?w
happywars_対戦.jpg

もちろん以前にも無料ゲームはあってライブアーケードでも「ダッシュオブデストラクション」なんてのもありますが、このゲームとは違い『Happy Wars』は今はやりの(?)「課金制」になります。

「課金制」と聞くとどうしてもこう考えてしまう人は多いんじゃないでしょうか。
有料キャラは圧倒的に強くて、無料キャラとは勝負にならない。
私もそう考えてしまう一人です。

●どうしても強い武器やアイテムをもっている有料ユーザーの方が強くて、無料ユーザーでは太刀打ちできないんじゃないかと考えてしまう。
happywars_豊富なアイテム.jpg

このゲームの開発者である株式会社トイロジック代表取締役 岳 洋一氏がツイッターでこう述べています。
「"課金制"という言葉は私も警戒してしまう方なので開発として補足すると、課金要素はじっくりアイテムを育てる時間がない人、てっとり早く見た目のカスタマイズを楽しみたい人向けの要素です。 有料ユーザーが無料ユーザーを狩りまくるゲームにはしません。」

●無料ユーザーでも有料ユーザーと対等に遊べるようだと文句はありませんね。
happywars_ボコスカ対戦.jpg

過去にもこういう無料を謳った"課金制"のゲームで、実質は無料ゲーマーがほとんど遊べない、もしくは有料ユーザーとは勝負にならないといったゲームがどれほどあったことでしょうか。
無料と謳いながら実はそのことごとくがユーザーから金を搾り取るのが目的というのが、問題になったコンプガチャほど露骨ではないにせよ、無料ゲームの大半はそういう仕組みで成り立っているのも事実です。

まぁそもそもそうでなければ無料なんてのは成り立ちませんよね。
ごく稀にゲームとしての旬を過ぎたゲームがPCやアプリなどで完全無料で出る場合がありますが、それほど面白いゲームはまずないでしょう。

でもこの『Happy Wars』の場合、有料で手に入れるものは無料ユーザーから見たら理不尽に見える武器とかではなさそうです。
有料で手に入れられるのは時間カスタマイズです。
まだ詳しいことはわかりませんが、時間は無料だと手に入れるのに何十時間とかかるアイテムなどが有料では簡単に手に入るということでしょう。
なにせアイテムの種類は1000種類にも及びます。
これだけあれば無料ユーザーがうらやましくなるようなアイテムが沢山あるはずです。
無料ユーザーでもがんばれば手に入れられるものもあるでしょうし、有料のみも多いでしょうがそれでも1000種類もあれば無料ユーザーでもしっかり育てればそれなりのものは揃うでしょうし有料ユーザーとも互角の対戦は可能だと思います。

●こんな個性的なキャラも有料なら簡単につくれるのかも。ちょっと個性的すぎるけどw
happywars_個性的なキャラクター.jpg

そこらへんは岳氏の言葉を信じたいと思います。

でも気になるのはマッチングシステム。
最近紹介した「マックスアナーキー」は上級者も初心者も関係なくマッチングされるという最低の質のマッチングシステムで評判を落としましたが、そこらへんは気になりますよね。

岳氏はその部分にも言及しています。
「マッチングシステムは、プレイ時間や実力が近い同士で味方チームがつくられ、さらに実力が近い敵チームと対戦が組まれます。 開発サイドが言うと、うさん臭いですが無料で本気で楽しんでもらるよう開発してます」とのことです。

●レベルの近い相手とのガチのぶつかり合いはとても楽しい。さぁ敵の本拠地に突入だ!
happywars_敵城突撃.jpg

15人対戦というだけでもすごいのに、それでバランス取りをするっていうのはありがたいと同時にとても難しいような感じがしますけどどうなんでしょうか。
やはり時が経つにつれ、強力な有料アイテムを装備しかつレベルも高いプレイヤーが出てきますが、そんな相手と「マックスアナーキー」のようにチームシャッフルもなく同じ対戦相手と戦わされたらさすがにたまったものじゃありませんよね。

●もしもバランスが取れた対戦ができるのなら、それこそ神ゲーといってよいかも
happywars_広大な戦場.jpg

もしその辺をクリアして、常に実力が近いチームでの対戦が実現できるのならこれは素晴らしいことだと言えます

正直バランスブレイカーな上級者や逆に超初心者もいたりすると対戦である以上、一方的な勝ちになりやすいのでそこら辺のバランスをとることができるならばすごい事だと思います。
これは2人から4人程度の対戦であっても満足にバランス取りがされているゲームの方が圧倒的に少ないので、是非とも実現して欲しい要素です。

またオンラインでの対戦モード以外にも、プレイヤー同士が協力して個性的なBOTチームと戦う協力プレイモード、1人でミッションをクリアするシングルプレイキャンペーンモードも楽しめます。

●敵はゾンビ軍団になるのかな?
happywars_ゾンビーズ.jpg

さらにこの対戦のちょっとした要素として自分に“タグ”をつけられるというものがあります。
別に死んだ時用のドックタグではなくてw、本当に識別用に自分の好きな文字を入れたタグをつけられるのです。
これで同じタグをつけた人とは優先的にマッチングされるシステムになっています。
つまりこれで簡易的なクランを作ることができるのです。
自分のチーム名でかっこいい名前をつけるもよし、いま話題の”○島"と名前を入力してその呼称で争ってもよし(えらく政治的だw)です。
どのタグが付いたチームと戦いたいかというのは多数決で決められますので、それこそ軽いものから奥深いものまでそれこそ代理戦争といった感じで実現可能なのは面白い点です。

岳氏がこだわったのはキャラメイクだそうです。
やはり有料について触れておくと、見た目は有料の方が多く、デザインにも凝っていてとても楽しめるとのことです。
でも無料だと、すぐにキャラがスタミナ切れするとか、アイテムが箱からほんとうにしょぼいのしか出てこないとか、使えるキャラやアクションが少ない・・・なんて心配は無用です!と岳氏は明言しています。
無料でも夜通し遊べるほどおもしろいとの事ですw。

●有料のおもしろさはカスタマイズの豊富さとのこと。個性的なアイテムもてんこもりです。
happywars_個性的な装備品.jpg

もちろんゲームそのものを遊んだわけでもないので、岳氏の言葉は鵜呑みにはできない部分がありますが「課金には抵抗ある」という岳氏の前置きに対して裏付けとなる内容の要素が示されていて、無料でも本当に遊べるような作りになっているのではないかと期待させてくれます。

●無料でもがんばれば、ちゃんとしたアイテムが手に入るそうです。
happywars_アイテム入手.jpg

無料でも本当に無料で遊べる部分が楽しければ、自然と課金してみたくなるものです。
でも最初から露骨に有料!有料!の姿勢だと逆にすぐにそのソフトを消したくなると言うのが普通の心理だと思います。
そこらへんを理解していれば無料でも沢山のユーザーが有料コンテンツを買ってくれるはずです。
岳氏も十分に理解しているような感じでしたので、私もこのゲームにとても期待しています。

フレ同士でも同じゲームをもっていないと、遊ぶ機会は少なくなりがちでした。
しかしこのゲームは無料です。今まで遊んでいなかったフレとも遊ぶ機会が生まれるかもしれません。
そういう意味でこのゲームの完成度が高ければ、今までのゲームではなかなか果たせなかった多くのフレが一斉に集うなんてことも可能かもしれません。

管理人としても大注目のゲームでこれからもチェックしていきたいと思います。

☆Happy Warsの最新動画、 Xbox 360 大感謝祭 2012 夏 in Tokyo Osaka トレーラーです。

posted by アイオリア at 00:00| Comment(0) | Happy Wars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

30人対戦だけじゃない!やみつき要素満載のファンタジーアクションゲーム登場!【Happy Wars】

30人対戦!と聞くとまたFPSあたりが思い浮かぶかもしれませんが、いえいえ今回はFPSやTPSなどではありません。
「バトルフィールド3」だって24人対戦しか(やはりPC版の64人対戦に比べるとね・・・)できなかったのに、これはどんなパッケージのゲームだ?と思われるかもしれませんが、なんとXbox LIVE アーケードのソフトなのです。

それがこの『Happy Wars』です。
決して「Halo Wars」ではありませんので、お間違いのないよう(誰も間違えないって?w)。

「Happy Wars」公式サイト

この『Happy Wars』は株式会社トイロジックというメーカーがXbox LIVEアーケードにて2012年に配信予定となっています。

このトイロジックさんは360初参入のメーカーさんで、他機種ではWiiで「大乱闘スマッシュブラザーズX」などの制作が有名です。

こうして360オンリーのソフトを発売してくれるというだけでもまずは歓迎したいですね。

『Happy Wars』ファンタジックな草原や暗黒世界、海底といった様々な戦場で、プレイヤーは戦士や魔法使い、僧侶の3つの職種のいずれかを操ります。

●魔法使いの炎の魔法炸裂!
HAPPY WARS_火の魔法.jpg

対戦が30人できるためこちらが目立ってしまいますが、協力プレイも楽しむことができ(最大何人かはわかっていませんが。たぶん15人かな?)仲間と協力して敵キャラとの大魔法合戦や難攻不落の城を攻め落とす派手な攻城戦など、仲間で遊んだらとても楽しそうな戦いが待っています。

●仲間と協力してあの城を攻め落とせ!
HAPPY WARS_攻城戦.jpg

もちろんオフラインや1人でも遊べるように様々なミッションをクリアしていくソロキャンペーンモードが用意されていますので1人でも楽しめます。

このゲームは豊富な武器や服装、それに表情などが数多く用意されているので、収集目的でもいいですし、オンラインで目立つ為と目的はそれぞれでしょうが、1人やオフラインでもやりがいはあると思います。

戦場も光あふれる草原が舞台の「光の国」、岩山や溶岩が広がる「闇の国」、階段状のサンゴ礁の「海底」など、複数の浮遊大陸がつながり合った個性豊かなステージが用意されています。
各ステージにはジャンプ台や毒沼、アリジゴクなど固有の仕掛けが点在しているので、それらをうまく活用していくことが協力や対戦プレイで重要になるでしょう。

●アリジゴクも重要なトラップ
HAPPY WARS_スキル発動.jpg

それらの戦場で勝ち抜くために必要なのが武器やアイテムもそうですがそれ以上に重要かもしれないのがスキルです。
まず仲間との協力という意味で定番でありかつ欠かせないのが仲間を回復させる「ヒール」です。まぁ僧侶の十八番と言ったところでしょうか。

次に戦士のスキルとして回転しながら剣で敵を切り裂く「竜巻斬」があります。
これで敵の中心を突き破れば敵軍は大損害間違いなしでしょう。

そして魔法使いが使う雷を落として広範囲の敵を攻撃する「サンダーストライク」があります。広範囲をカバーできてかつ威力もありそうですがMPを多く消費しそうですねw

このようにそれぞれの職種ごとに特殊な効果を持つスキルが27種類用意されています。

●スキルを駆使して乱戦を突破しよう
HAPPY WARS_大乱戦.jpg

さらにチームで連携することで出せる破壊力抜群の「隕石落し」「巨大竜巻の召喚」などがあります。
そしてある意味正統派といえるスキルとして、陣形を組んでからの突撃などがあります。

このチームスキルは是非トライしてみたいですねぇ。
やっぱり連携が決まって戦局を覆すような威力のチームスキルが発動した場合は最高!だと思うからです。

●相手チームとの城門前での熱い攻防!
HAPPY WARS_城門突破.jpg

オンラインも多人数プレイだけでなく言葉の壁を超えてプレイヤー同士が円滑なコミュニケーションを取るためのコミュニケーションシステム(会話・指示コマンド)を搭載しているところもポイントです。
正直なところ15人にもなるとまず野良が基本になるでしょうし、その上みんながみんな話すというわけでもないですし、こういう機能はとてもありがたいです。
必要な機能なのに実装していないマルチプレイのゲームってかなり多いんですよね。
このゲームではプレイヤーが定型のセリフを選択するだけで、世界のプレイヤーとコミュニケーションを簡単に取ることができるようになっています。
ホントに助かります。

●味方と連携とって、敵は橋を落としてサヨウナラ〜
HAPPY WARS_罠.jpg

ディレクターの岳洋一氏は「Happy Warsは弊社の初めてのオリジナルタイトルであり、日本から全世界へ向けて発信する作品です。「みんなで遊ぶ楽しさ」を徹底的に追及しています。コアユーザーからカジュアルユーザーまで盛り上がってもらえるよう沢山の仕掛けを盛り込みました。空前の熱狂と絶叫と興奮をお約束しますので、ぜひハッピーウォーズを楽しんでください!」とそのおもしろさを約束すると宣言しています。

●トラップが上手くきまった時は爽快!
HAPPY WARS_トラップ.jpg

このコアユーザーからカジュアルユーザーまで一緒になって気楽に楽しめるというのはとても重要な部分で、最近はコアユーザーだけの世界になっているゲームが多すぎるようと思うので気軽で、かつ上級者も初心者も共に協力し合っているという充実感が得られるゲームであって欲しいと思うしそうなると期待しています。

●みんなで協力して、敵の侵入を阻止しよう。
HAPPY WARS_クロスボウ.jpg

360オンリーで30人対戦でかつXbox LIVE アーケードというまさにXbox LIVEをフル活用しているゲームといっていいでしょう。
あとはゲームのバランスを詰めてもらって、期待を裏切らないゲームに仕上げて欲しいですね。

☆Happy Wars キャラクターアクション紹介です。どれも個性豊かでほんとにおもしろそうですね。これは期待できそうです。

posted by アイオリア at 00:00| Comment(0) | Happy Wars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。