2012年07月12日

ニュートンも真っ青!? 重力を無視した激闘が今始まる【Hybrid】

ニュートンといえば覚えていますか?
そうです、リンゴが木から落ちるのをみて・・・というのは作り話ですがそれと同じくらい有名な万有引力の法則を発見した人です。

万有引力の法則って何かって?
,質量m1、m2の2つの物体が距離rだけ離れている時その2つの物体間には
万有引力の法則.jpg
という式で表される大きさの引力Fがはたらく。
力の向きは2つの物体を結ぶ直線の方向にある。
これを「ニュートンの万有引力の法則」というのです。
なんと分かりやすい説明なのでしょう。
ちなみにダメ押しでこの式の比例定数 G を「万有引力定数」または「重力定数」といっていてその値は、6.6720×10−28(dyne・cm2/g2)=6.6720×10−11(Nm2/kg2)となります。

す…すいません管理人の頭がショートしだしました。
これ以上数式が増えると真空管が破裂する(いつの時代のコンピューターだ)のでこの話は打ち切ります。

えーと話を戻すと今回の特集は日本マイクロソフトが2012年7月18日から8月21日までの約1ヶ月間実施する「Xbox LIVE Summer of Arcade 〜夏のイチオシ〜」キャンペーンの中の対象ソフト『Hybrid』の特集です。
配信予定日は8月8日で価格は1200MSPのシューターです。

『Hybrid』公式サイト

でもただのオンラインシューターなら十分すぎるほど今でも揃っています。
本作の特長は万有引力や重力を無視したカバーリングが可能なジェットパックアクションだということです。
そうです、このゲームに上下や重力は関係ありません。

●ジェットパックで重力を無視して戦うことが可能
Hybrid_空間を制す.jpg

基本的に歩行しながら移動することはなく、カバーするためにカバーする先を選んで飛びながら進むといった感じです。
ほとんどが飛行しているという状態です。
カバー先を選ぶのは自由で、1つ1つカバーしながら移動してもよいですし、多少危険でも一気に飛び越えて遠くのカバーポイントまで飛び越えることもできます。
とにかく今まででは天井や壁に過ぎなかった場所も重要な戦闘ポイントになります。
敵の裏をつくポイントを確保して、勝利をもぎ取りましょう。

●地形をよく把握して、いい位置でカバーしよう。
Hybrid_バトル空間.jpg

そしてオンライン対戦は6人までが対戦可能です。基本は3対3の対戦になります。
さらに注目すべきは2031年の崩壊した地球を舞台に、単細胞型エイリアンバクテリアに感染して変異した“バリアント”と呼ばれる種族と、その感染を免れた先住民“パラディン”が全面戦争を繰り広げるという世界設定だということです。
つまりあなたはどちらかの勢力に属して戦うことになるのです。

今わかっている段階では一つのサーバー上で数十万人ものプレイヤーが同時に参加することが可能で、あなたはその世界の中で自分の派閥の一員として闘いの中でレベルアップして新たな武器や能力を手に入れ、その派閥の世界的支配のために様々な任務をこなすこととなります。

●あなたは派閥の一員として勢力拡大に貢献しよう
Hybrid_アメリカ本土制圧.jpg

つまりあなたはオンライン対戦で得たポイントは、その派閥の全体スコアのポイントに追加されるのです。 つまりあなたのがんばりでその派閥の勢力が拡大した場合、今までには手に入らなかった武器や能力が手に入り、さらに新たなミッションも加わるのです。

●戦闘に勝つために頼れる相棒と連携しよう。
Hybrid_攻撃.jpg

もちろんワールドマップやオンライン世界戦争の状況はゲーム内で詳しく表示されます。

もちろんこういう設定だけでなく、実際のシューターとしてもしっかりと作られています。
解像度は720p/60fpsの動作固定でなめらかです。
そして10種類のマップと個性的なデスマッチやキャプチャーザフラッグといった定番の6種類の対戦モードも用意。
そして多数の武器やアビリティが用意されており経験値や勢力状況にによってそれらを解除、入手することができます。

●激闘を制して勝利と経験値を得よう。
Hybrid_激闘.jpg

あとはオンライン対戦でのバランスですが、これは実はベータ版はあまり評判が良くなかったようでその為の改良で発売がこの夏に延びたようです。
ベータ版では強武器の存在やマップの狭さがネックとして上がっていたようですが、そのころの画面といまの最新の画像も変化が見られますし、その欠点と指摘された事項も改良を加えているとみていいと思います。

●3人対戦というのはかなりおもしろそうですが、そのバランスが課題であり重要。
Hybrid_3vs3.jpg

重力を無視した戦闘というのもかなりおもしろいと思います。
今まで安全と思っていた場所が意外な場所から撃たれたり、普通は考えられないような場所から射線が通ったりと遊ぶほどに新しい発見がありそうです。
また、世界中のプレイヤーと2つの派閥に分かれて戦うというのもおもしろそうですね。
なんか自分の勢力が押され気味だったりすると、逆に燃えそうです(^_^)

●ミッションをこなして勢力の拡大に貢献
Hybrid_ミッション.jpg

オンライン対戦のバランスだけが気になりますが、全体的にみれば斬新で「〜夏のイチオシ〜」に選ばれただけの実力はありそうな雰囲気です。
ちなみに対象タイトルを3タイトル購入したユーザーに400MSポイントがプレゼントされるキャンペーンということなのでこの前紹介した「DEADLIGHT」とあわせて購入してみるのはいかがでしょうか。
残りの1本はおまかせですが、機会とこれはというものがあったら紹介したいと思います。

☆HYBRID のE3 2012でのGameplay Trailerです

posted by アイオリア at 00:00| Comment(0) | Hybrid | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。