2011年10月12日

PS3の方申し訳ない。このゲーム本当におもしろいです。【Gears of War 3】

「『ギアーズオブウォー3』? どうせバトルフィールド3もでるしモダンウォーフェア3だってでるから関係ないね」
とPS3のFPSあたりのファンの方はそう思うかもしれません。
でもですね。
モダンウォーフェア3はつかめてないのですが、少なくともバトルフィールド3の協力プレイはあまりおもしろくないとのレビューがあります。
2人同時プレイで全10マップというらしいのですが、基本的に協力するというよりは2人で倒しまくるといった構成のようです。
どうやら明らかに対戦とキャンペーンの方に重きを置いているようですね。
もちろんそれが悪いのではありません。
むしろどのくらいのバランスの対戦ゲームになるのか今から楽しみです。

でもフレと協力して遊ぶといった内容でしたらこの『ギアーズオブウォー3』の面白さはおそらく群を抜いているのではないかと思います。

私なんかまだまだ下手で一番難易度の低いカジュアルでもヒイヒイいいながらプレイしているほどですが、やっぱり協力してむずかしい面などを突破した時の達成感は格別ですね。

特に3からは前作と違って10ウェーブ毎に強力なボスキャラが出現するようになり、より協力して敵を倒すということが重要になりました。

今回はそのボスの攻略をしたいと思います。
個人的に強いと思っている順番です。

■ランベントベルセルク
ボスで個人的にもっともいやな相手がこの「ランベントベルセルク」です。
出現数は一体のみですが、なにしろ固い!
しかもベルセルクと名がつくもののそのベルセルクと違い、ダメージの通る場所が胸部のコアともいうべき部分(黄色に光っている部分)のみなのです。
さらにそのコアは開いている時にしかダメージを与えられないというやっかい極まりない相手です。
これを開かせるためには、ベルセルクと同様に火炎放射器で燃やすのが有効。
なようですが、実はベルセルクと違い即効性を実感できないのです。
ですから燃やすことも重要ですが、基本はチクチクとコアにダメージしかありません。
固い上にコアが開いた時のみという不条理さ。

●弱点はコアが開いたときのみでその上固い。でも1体なのが救いか。
ザコさえ全滅できれば、あっさりと倒せるときもある。
Gears of War3_ランベントベルセルク.jpg

その上、こちらもベルセルクということで、対人だけでなく対物の破壊力も絶大。
自分の陣地で暴れ回られては勝ったとしても、陣地は立ち直れないほどのダメージを受けてしまいます。
協力プレイであれば、2人くらいでランベントベルセルクを引きつけ(障害物を挟んでぐるぐる動き回るのが有効)て、残りの3人で他のザコをかたづけてからゆっくりと料理するのが理想ですねぇ。
現実はそううまくはいかないのですがw

●2体同時がやはり怖い、うまく燃やして攻撃しよう
Gears of War3_ベルセルク.jpg

唯一の救いはローカストはランベントベルセルクも敵とみなし、ランベントベルセルクも同様なため、離れていれさえいれば同士討ちを期待することもできますが、まぁどちらが勝つかはいうまでもないことで少しザコ掃除が楽になる程度ですね。
うまく逃げ回れば双方が弱っているところを一石二鳥を狙える。ただし、過信は禁物

■ガンカー
硬い上に、しかも数匹同時に出現、そして出現と同時に長距離砲を撃ってくるというやっかいな相手。
イミュルシオン玉の正確性はザコのスナイパー顔負け。
止まっているとまず当ると思って行動した方がいいです。
その上、近づくとソード付きの触手で一撃ダウンになるので、遠近兼ね備えたやっかいな敵なのです。
建物が沢山あるマップなどで建物の向こう側からバンバン連射されたらお手上げ状態。
どうみてもこちらが見えないと思うのにやたら正確なイミュルシオン玉が飛んできて、自分も仲間も這いつくばることに・・・。


■サベッジコープサー
最低でも2体は出てくる上に、地形無視で潜って来ることが面倒な相手です。
強固な陣地も、あっという間に突破されこもっていた陣地内は修羅場とかすでしょう。
あえて有効な戦法はないですね。火炎放射器が多少有効なくらいでしょうか。
耐久力はそれほどないので地道に倒すしかないですね。

●陣地が荒らされる上に、壊されるぅ
Gears of War3_コープサー.jpg

■ベルセルク
まず1度につき2体のベルセルクが登場するのがやっかい。
1体ならそれほどでもないのですが2体となると、1体の引きつけ役がもう1体の突撃にあっさりやられ得ることもしばしば。
ただ火炎放射器に弱いという点が救い。
火炎放射器の攻撃を浴びるとベルセルクがいかにも「燃えてるぞ〜」みたいな感じになるので、その間は通常の攻撃がとても効きやすくなります。
ですので仲間としっかり連携さえとれれば、倒すのはそれほど難しくはありません。
ただやはり2体であることが注意。1体に気をとられすぎるともう1体が突撃してきて、全員がはいつくばることにもなりかねません。
あとご多分にもれず、ベルセルクの突撃は苦労して建てた陣地の建造物を一撃破壊 してしまうのでできれば、陣地からは離れて戦いたいところ。
でもまぁ、実際はそんな余裕はあまりないんですよね。

●ベルセルクは火炎放射器が出るのが目印
Gears of War3_ベルセルク.jpg

■ブルマック
ブルマックを倒す場合はいかに安全な場所を確保できるかがポイント。
正面からの攻撃はものすごいものがあるので、危険なのですが逆にその両腕は破壊できるのでそれを破壊してから攻撃するという手もあります。
でもやはり順当なのは最初はブルマックを無視してザコを一掃、そして二手に分かれて1隊は引きつけ役、もう1隊はブルマックの背後に回りこみ、弱点であるタンクを攻撃するというものです。
正面からの引きつけ役は、攻撃を避けるのに全力を傾け、ブルマックが後ろを向いたら役割が逆転します。
巨体なわりには狭いところにも入り込んでくるので要注意。
ただたまにそのせいで、時たまひっかかったような動作をすることがあるので狙い時かも。
でも油断は怠らないように。

●でかいくせに小回りがきいて、かつ正面からの攻撃は鬼ときた。
Gears of War3_ブルマック.jpg

■リーバー
リーバーは1体なら大したことないのですが、複数のリーバーが空中から一度に現れるパターンがもっともやっかい。
真上から突然現れて爆撃されると、何も出来ずに粉みじんになることも多いです。
ただ室内や、リーバーから有る程度はなれた場所であれば、リーバーはもっとも耐久力がないといえるため、腹の下弱点を狙わなくても、ランサーでも普通に撃っていれば倒すことは可能です。
マップによって極端に強さの変わるボスですね。

●真上に降ってきたらまぁ、天命だとおもってあきらめて下さい。
Gears of War3_リーバー.jpg

とまぁホードにでてくるボスを攻略したわけですが、実際には5人のチームワークもさることながら、マップも重要になってくると思います。
それにしてもホードのボスは本当に強いボスばかりです。
それだけに2までのホードと違って、緊迫感というかメリハリがあるので何度も遊んで見る気にさせるのだと思います。

●グラフィックも否のうちどころなし!
Gears of War3_グラフィック.jpg

本当にPS3のファンには申し訳ないけど、360のユーザーで良かったと思わせてくれるゲームですね。
これにフォルツア4が加わればまさに鬼に金棒でしょう。
国内ではなにかと不遇の360ですが、これで360に対する見方も変わってくるかもしれません。
これらのソフトにつづく、他のハードがうらやむような360のソフトの発売をこれからも期待したいですね。


posted by アイオリア at 00:00| Comment(6) | Gears of War 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

600万本でも控えめ?要の「Horde 2.0」を特集【Gears of War 3】

この『Gears of War 3』リードデザイナーのCliff Bleszinski 氏は、「600万本売れることはは間違いない」と発言しています。
まぁ前作も前々作も600万本は超えているだけにそれは間違いないというのは妥当な線です。
ただ気がかりなのが「Battlefield3」や「モダン・ウォーフェア3」といった強力なライバルの動向でしょう。
これらの出来というか売れ方によっては600万本も厳しい可能性もありますが、その逆も大いにありえます。
Cliff Bleszinski 氏がその後に続けるコメントには「本心では1,000万本ヒットしたら死んでも良いです」とも発言。
確かに今の強力なライバル達を見たら1,000万本売れたら大勝利と言っていいでしょうから気持ちはわかりますねぇ。
さらに続くコメントには「しかし実際はゲーマーとそのお財布次第で、今は希望と祈ることしかできない」との少し気弱な部分のあるところが逆に好感もてますw。
この人は結構本音で話すタイプのようで「本当にこれで最後か?」という質問にも「それはこの作品の商業的な成功にかかっているね。事と次第によっては『Halo』シリーズのようになるかも。ハリウッドの映画ビジネスでもそうでしょう?」と言っています。
ここらへんは曖昧なコメントで口を濁すパターンがほとんどですが、十分に売れさえすれば続編もあるということをはっきり述べています。
なかなかわかりやすい発言でいいと思いますw

●これで最後ではないことを切に願う
Gears of War 3-_gameplay_reveal.jpg

この1,000万本を目指すための根幹と1つとなるのがマルチプレイ要素です。
本作ではキャンペーンモードの4人同時協力プレイをサポートするだけでなく、各種の対戦モードを搭載しています。
その中でも今回特に注目したいのが、前作でも人気のモードだった「Horde」モードをさらに強化した「Horde 2.0」です。

●またランサーで切り刻みたい?
Gears of War 3-retro_lancer_charge.jpg

このモードでは前作の「Horde」モードと同じく、大量に湧いて出るローカストを敵として、一定数を撃破することで「Wave」をクリア、複数の「Wave」を乗り越えてどこまで生き残れるかを試すというゲーム内容です。

●武器、鎧(?)すべてを駆使して仲間とともに生き残れ!
Gears of War 3_coletrainanya_1280x720.jpg


前作と比較してより反応の良い操作、再調整された武器バランス、カラフルなビジュアルといった改善はされていますが、これだけでは前作のバージョンアップでしかありません。

●前作のバージョンアップなんてものではありません。
Gears of War 3mp_tdm_overpass.jpg

今回「2.0」として大きく変わったのが戦略性の部分です。
敵を倒すことによってスコアポイントのほかに「キャッシュ(お金)」を得ることができるようになり、そのお金でWaveの間に挟まれる準備時間にセントリーガンやタレット、バリアなどを購入することができます。

●セントリーガンやデコイがあることが確認できます。
Gears of War 3-horde_hotel_e3_01.jpg

それらをマップ中の各箇所に様々な設置物を配置して、自分なりのを防衛拠点を作ることができます。
まさにタワー・デフェンスの要素が加わってます。
限られたキャッシュでどう設置するかはプレイヤー次第です。
例えば敵の移動を阻むバリケードでも種類があり安いものは有刺鉄線になり、高いものは前作でも凄い威力だったレーザーワイヤーになります。
もちろん自動的に敵を攻撃するセントリーガン、プレーヤーが乗り込んで操作するタレットはもとより敵の関心を惹きつけるダミーにもレベルがあり、それぞれレベルが高いものだと威力や耐久度が強化されます。
破壊されたアイテムでも、お金さえ払えば修復が可能です。
また、うまく破壊されずに残ったアイテムは引き続き使用できてレベルアップも行えます。
まさにタワーディフェンス系のゲームの戦略性が加わった感じですね。

●安全な要塞を作って生き延びよう
Gears of War 3-horde_berserkers_01.jpg

この戦略が特に必要になるのは、20Wave毎に「ブルマック」のような巨大クリーチャーが登場する場面です。
巨大クリーチャーとは設置物なしに戦うことはかなり難しいので、さすがにこの時はあらかじめ巨大クリーチャーとの交戦に備えた要塞化を入念にしておく必要があります。
いままでにためた「キャッシュ」で強力なアイテムを買うもよし、今までレベルアップしたアイテムを設置するもよしです。

●ボスともいえる「ブルマック」との戦闘は強力な要塞が必要!
Gears of War 3-hordebosswave.jpg

ですが注意したいのがレベルアップしたアイテムもWaveの間に破壊されてしまったら最初からやり直しということです。
複数Waveをまたいで戦略をを立てるだけでなく、アイテムを守るという戦い方も重要になってくると思います。

このように今までのHordeにあった「ただ戦闘が上手ければなんとかなる」といったものではなく戦略性が強化されたのはとても興味ある部分です。
おそらく巨大クリーチャー相手ではアイテムの設置なしでのクリアは至難だと思います。
全員が協力してあれこれ考えながらWaveの突破を目指す。
これだけでもいままでにないおもしろさが待っていそうです。

●いままでにないおもしろさが待っている!
Gears of War 3mp_koth_trenches.jpg

超大作として、先にあげた強力なライバルとも十分に戦える要素を持っていると思いますし、360オンリーのソフトとして管理人もイチ押しで応援したいソフトです。
まさに9月22日の発売を心して待ちましょう!といった感じですね。

☆「Horde 2.0」の最新動画です。
posted by アイオリア at 00:00| Comment(0) | Gears of War 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

さらなる進化を遂げたCo-opモード【Gears of War 3】

Gears of War 3については、今まで少しずつ情報がでていましたが、今回のE3では前作からの進化がピックアップされていました。

今回様々な部分が情報がわかりましたが、まず最初にあげますのが前回上げたアーニャに続いて追加になった新キャラクターJace Strattonです。

●どちらかというとイケメン?のJace Stratton(右側)
Gears of War 3_Jace Stratton.jpg

余談ですが声は全米人気ラップアーティストでグラミー賞も受賞したことのあるDrakeという方が担当されるそうです。まぁ日本版は日本語でしょうからあまり関係ないかもしれませんが。

そして今回確定したのが、キャンペーンにおいても最大4人までのCo-opをサポートしてるところです。

●Co-opはこんな感じです(やっぱりアーニャ目立つw)
Gears of War 3_coop.jpg

そして注目なのが「Beast Mode」というプレイヤーがモンスターになれるというモードが追加されていることです。
これは,最大5人のチームを組んで,マーカスら人間達を襲うというゲームモードです。
まさにレフト4デッドの敵ゾンビになって人間を蹴散らすというアレと同じですね。
操作できるのは大小にかかわらずほぼ全て可能とのことです。
ですが最初から全ての種類が使えるわけではなく、レベルアップシステムによりアンロックする必要があるようです。
またHordeモードと異なりプレイヤーのライフは1回きりではなく、人間を倒して得られるトークンというものを支払えば、別のキャラクターとしてリスポーンできるのだとか。
中には仲間を回復できるヒーラーのような役割を果たすものも用意されています。
またマスコットキャラ?(汗)のティッカー君もいるので、腕に自信がなくてもとにかく敵に近づいて敵と共に自爆なんてのもありですねw
これらモンスターはおそらく体力の面では優遇されてても、人間のように色々な武器を使いこなすと言った融通はきかないから、いかに仲間と連携するかが人間の時以上に重要になるのではないかと思います。
かなり期待のモードですね。

●さまざまなモンスターを使いこなして人間達を殲滅せよ
Gears of War 3_beast.jpg

もちろんモードだけなく新武器も登場しています。
一例としてOne Shotという,両腕で扱うまさに敵を一撃で粉砕する巨大な武器、ロケットランチャーとヘビーチェーンガンを装備したパワードスーツSilverbackです。

●並みのモンスターであれば近づくことすらかなわないSilverback
Gears of War 3_Silverback.jpg

武器が増え強化されたのと同様にモンスターも強化されています。
これまでは敵はローカストのみでしたが今回は新たに植物のような寄生できる種族のLambentが登場し、3勢力の争いが描かれる事になります

●ランベントの脅威
Gears of War 3_Rocast1.jpg

●もちろんローカストだってパワーアップした種族がいる
Gears of War 3_ローカスト.jpg

でも新たな仲間が加わった人間達にも希望はある。
●マーカスにとって頼もしい仲間達
Gears of War _Human.jpg

今回新しい情報が入ってすごいと思ったのが、とことん進化しているなということです。
前作においても、今出ているソフトでもトップレベルの位置にあるのに
更なる進化を遂げているということです。
日本のゲームの続編にありがちな、ちょっとだけ色を塗り替えた、ちょっとだけ追加したという安易な姿勢が全くないのは素晴らしいです。
正直、こういうゲームがどんどん出ると嬉しいと同時に日本の安易なゲームとの差がますます開くなぁと感じました。
と同時にこれに負けないくらいのゲームが日本のメーカーからも出て欲しいなぁと個人的には感じました。

・・・と少し横道にそれましたが、もうここまでに情報で「絶対に買い!」のゲームになったと思います。
あとは吹替え版の担当が前作のままでいいのでそのまま移植してくれればノープロブレムです。

本当に期待の超大作です。

最後にビーストモードでの最新の動画をご覧下さい。それでは。

posted by アイオリア at 00:00| Comment(0) | Gears of War 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。